vs FC大阪

 水口開催 
 0-4で完敗&連敗&今季最多失点

    坂本
 原口嘉茂松田康
  松田悠馬場
久保田伊澤高木佐々木
    本吉     でスタートか

 キックオフから一気に右サイド奥にボールを運び入れ、CKを得た。ただCKのボールが甘く、拾ったボールを入れてクリアされるとそのまま大阪に繋がれ、逆に一気に左サイドを陥れられた。クロスに飛び込む相手FWに競るものの、ボールは本吉選手をすり抜けてネットを揺らし、早々に失点してしまう。
 仕切り直しとなるが、個々の選手の技術が高く、屈強でポジションも洗練された大阪が局面ごとに上回るシーンが目につく。奪えず、回され、走らされる。今季好調のサイド攻撃を仕掛けても、速く寄せられ、パスの精度のずれを引っかけられて回収されてしまう。ボール際の格闘に長けた馬場選手なみの「戦闘力」をどの選手も備えた相手に中盤に浮き球もことごとく競り負け、ヘッドのつなぎも正確な大阪の後手を踏みっぱなしの時間帯が続いた。
 大阪は早々のゴールもあるのか、MIOを走らせるなどして強引に仕掛けてはこないものの、素早いショートパスと、特にストロングポイントに置いていたと思われる右サイドへの一発の展開で幾度もMIOのPAに迫った。高木、伊澤選、本吉選手らが必死の対応で追加点は許さずに凌いでいく。
 サイド攻撃が詰まりっぱなしのMIOだが、坂本選手が少し下がって組み立てに加わるなどして、松田康選手あたりが幾度かは右サイドでいい形を作り始める。一方で左サイドは今季初めて見るほどの機能不全となった。強力な相手右SBの存在があったのか、久保田選手と原口選手の攻撃時のポジションが苦しくなった印象で、こちらはほぼパスが繋がらなかったように見えた。右サイドもいい形にはなりかけるが、手数をかけるとすぐに圧力をかけられ、かといってサイドチェンジもなく、決定機までには至らない。35分過ぎには、パス回しのギアを一気にあげた大阪がPA内に侵入、いったん下げると、このボールから狙い澄ましたミドルシュートを放ち、追加点とした。

 後半は関口、藤本選手を投入し、坂本選手を右サイドに回した。2人の裏を狙う形で、前半よりは大阪DFを背走させるシーンが出はじめるが、大きく崩すには至らない。60分頃には、この試合で幾度か見せた、長いサイドチェンジから大阪の右SBが走り込む形で久保田選手の裏を取られ、中に折り返されて3失点目。10分ほど後には、カウンターから一気に持ち出され、豪快にサイドネットに決められ、体勢を決されてしまう。せめて1点、と馬場選手をやや下げ気味にして、両SBを高い位置にして攻勢をかける。佐々木健選手が見事な軌道を描くクロスをあげ、最後は関口選手がゴールネットを揺らしたが、無念のオフサイド判定。このまま試合を終えた。

 リーグ連敗、久々の大敗で選手たちはかなりがっくりきていたようだった。やはり、開始早々にやや甘いCKからボールを失い、そのまま先制されたことが最も痛かった。大阪は早々のリードで無理した仕掛けはせず、MIOを走り回らせているように見えた。MIOも最初の20分に関しては、パススピードや精度を大阪のレベルに合わせていなかったようにみえた。
 悔しい大敗ではあるが、端的に言えば、個々の能力も、試合運びも、戦術面でも大阪が上回っていた。パススピードも精度もだし、トラップも大阪の選手はほとんど浮かさない。MIOが必死で寄せても、その背後に飛び出してくる大阪の選手に正確につながれる場面が目立ち、「手も足も出ない」時間帯が結構あった。密集で回すところと展開するところの使い分け、そこまで多かったわけではない決定機を一発で決めきる力も含め、スコア通りの試合だったと思う。近年のHonda、ソニー仙台並の印象で、勝ち点を奪うにはよほど注意深い試合運びと、全力を出し切る敢闘がなければ困難だったろう。
 比較的好調だったMIOだが、やはり上位にはまだまだ。ただ本気で上位を狙うならいかに奈良と大阪相手といえど、勝ち点ゼロではどうしようもない。このままずるずる行ってしまうと、昨季の二の舞なので、早めの修正を求めたい。

 それでも、悪くない点もあった。右サイドの攻撃は大阪相手でも機能した時間帯はあったし、選手を替えながら試合運びの修正も見られた。「曰く不可解」な幻のゴールのシーンはほぼ完璧だったと思う。
 いろいろあって試合前から気分が優れず、開始早々の失点で「あー今日はあかんか」と落ち込んだが、どれだけやられてもスペースを埋め続けてつなぎに顔を出す松田悠選手や、右サイドに移っても違いを作り続けてきた坂本選手らの姿を見るうちに、しぜんこちらの気持ちも昂ぶり、試合後にはすがすがしい心境にすらなった。この日の勝負に関しては相手をほめるしかない点を多とするので、選手たちはそう引きずらず、また熱い試合をみせてほしい。

 試合後に大阪サポーターの方々が「ともに天皇杯頑張ろう」というような横断幕をかかげてらした。応援するMIOの健闘を祈るのはもちろん、今日の大阪なら、なにか大きな出来事を引き起こせるんではなかろうか、と思う。

フィッツジェルド

 食わず嫌いだった。海外文学ならまず仏露独英、アメリカは格落ちだろうと肩肘張っていた。根拠なき先入観で、大学の先輩に「グレートギャツビー」良かったよ、と薦められても手が伸びなかった。すべてが間違いだったが、それも結局触れたから分かったこと。時間の経過こそあれ、過ちは取り戻せた。

 社会人になってすぐだっただろうか。赤い背表紙が印象的な、野崎孝さん訳の新潮文庫版だ。短編集が先か、ギャツビーが先か、軽い読み物でもと思ったからか、友人が好きだったサリンジャーを読んだ後だったからか、村上春樹さん作品の影響なのか、きっかけはもう覚えていない。
 おそらくギャツビーが先だったと思うのだが、食い入るように読んだとか、一心不乱に耽ったとかではなかった。ただ、読み終えた後に、ああ、と長嘆し、窓外の天気が良かったように思う。長嘆は、短編集の「冬の夢」「氷の宮殿」「金持ちの青年」でも同じくした。村上春樹さん版も岩波版の短編集も光文社文庫も買い、「ラストタイクーン」「夜はやさし」も読み、原書も3冊ほど手に入れた。その中には「パット・ホビー」シリーズも含まれていた。
 「グレートギャツビー」はいうまでもなく、野崎さん訳の短編集とともに、主たる作品として「カットグラス」や「メイデイ」「ジェリービーン」などがお気に入りだ。部屋には、本棚のほかに、特にお気に入りの作家やジャンルのための小さな棚を4つ設けており、フィッツジェラルドは、カーヴァーとともにその一つ、最も手に届きやすい場所を占めている。

 フィッツジェラルドの魅力を語るには、あまりに力量が足らない。軽やかにして真摯な筆致、自身も含めて絶頂期のアメリカとその後を暗示する予言性など、研究者や愛好家に語り尽くされていようし、一方で語ってもなお、語り足りぬ。
 「乗り継ぎまでの3時間(Three Hours between Planes)」という小品がある。それなりの地歩を築いた男が、少年時代に片思いをしていた女性を訪ねてやっぱりだめだった、というだけの話だが、人生の後半生はいろいろなものを喪失してゆく長い過程であって、特別どうこういうほどもない、と締めくくる。「バビロン再訪(Babylon Revisited)」は、「もはや一人でも夢や希望を抱けるような青年ではない」中年男が、それでも分かれて暮らす娘とともに過ごす日を待ち望んで、物語は終わる。
 喪失に浸る甘い感傷ではなく、再生の予兆をはらみつつも、曇りなき希望ではない。生きてきたことと、失ったもの、そして今の自分に思いをいたす。それで充分だ。それでも、時々、素人なりに作品ごとの好きなところを書き綴っていきたい。私の後半生の傍らには、いつもフィッツジェラルドの本があるだろうから。

天皇杯一回戦突破

 VS NK可児 3-0勝利で3年ぶり天皇杯1回戦突破

 仕事のためネット応援。追加点が入った報せで安堵感がわき起こった。相手も岐阜を代表して出てきたチーム、ほかの会場でも下位カテゴリが上位を破っているケースがあり、まずはしっかり勝ったことを評価したい。原口選手が2得点、坂本選手もゴールというのも好材料だ。リーグ戦にも生きてくると期待する。

 これで2回戦はコンサドーレ札幌だ。今季好調で、代表クラスの力を持つであろう都倉、駒井選手らを抱える。なによりあの「ミシャ式」サッカーである。平日遠隔アウエーという難条件ではあるが、J1で猛威を振るい、今なお一門派を形成しているサッカーと対戦できるのは、MIOにとって貴重な機会なのは間違いない。
 J1では浦和びいきなので、ミシャサッカーはよく見ていた。ミシャ監督は比較的選手を固定する傾向にあり、控え選手への戦術浸透度がどうかなと考えるが、控えだろうとJ1レベルの選手。しかもW杯による中断期間なので、リーグ戦のメンバーで来るかもしれない。ヴィッセル、マリノスと続き、J1とは3戦目。MIOもそろそろジャイアントキリングを一発、とは思うけれど、そうそう甘い世界ではない。さすがに今回は飛行機移動と前泊が可能だとは思うのだが、リーグ戦との間隔が狭く、コンディションは気がかりだ。
 それでも、初戦を突破した滋賀代表として、思い切ってぶつかっていけばいい。組み合わせによるとはいえ、滋賀勢の初戦突破率は、なかなかの割合のはず。滋賀のレベルは決して低くないことは示せた。あとは勝ち負けを問わず、選手それぞれたちの力や想い、MIOの戦いを県内にPRしてほしい。平日の北海道はさすがに仕事で行けないが、現地に駆けつけられるサポーターさんもいらっしゃるよう。北国に、熱いMIOコールが響き渡るだろう。

それでも代表を応援するだろう

 本番前に代表監督が解任されるという、これまで日本サッカーが経験したことない状況でW杯を迎えることになった。ハリルホジッチ監督のサッカー、解任が代表の戦力の観点から良かったのかどうかは分からない。結果がどうあれ、本番でハリル監督のサッカーを見たかった。理由は「日本代表があんまりやったことがない」「奇をてらわない、比較的素のサッカーなので現在地がわかりやすい」から。代表は勝利が至上命題だが、今回に限っては中堅国がやるような「素のサッカー」をやった時にどうなのか、そこで出てくる課題が浮き上がった方が今後のためによいのでは、と考えるからだ。
 代表はオフト時代から見始めた。どの代表でも、守備時は高速ドリブルで引きはがされ即チャンスにされてしまう、攻撃時は抜け出したと思っても追いつかれ、戻して好機がつぶれるシーンが多かったように思う。もちろん相手があること、そんなシーンを全てなくすのは現実的でないし、出来たらW杯優勝モノだろうが「なんとか改善されないかな」と感じていた。
 ハリル監督になり、その部分に本格的に着手したように思う。見始めの頃は、特に攻撃面で「もう少しゆっくり組み立てても」という思いもあったが、ひいきの原口選手を中盤で起用したあたりから、狙いらしきものがうかがえる、と感じた。「相手守備が整うより速い攻撃」を優先し「ためる動き」は必要最小限に、守備では組織を保ちつつも「食いつき」をしっかり行うことを大事にする、といった印象だ。中盤の底にドリブラータイプを置いてみたり、リードした終盤で守備固めでなくカウンター要員をおいてけん制してみせたり、と日本で定着していた「セオリー」が必ずしも絶対でないことを示した。日本に合うかどうか、結果に繋がるかは別として、「日本らしさ(何が日本らしさかは議論があるが)」の追求もいいが、一度はこういうサッカーをくぐっておくべきだと思うようになった。
 その特質は、最終予選の豪州戦に最も現れていただろう。特に右サイドで浅野選手へ再三頭を越えるボールが入り、そうでない時も、浅野選手が中に戻したりせずとにかく縦に仕掛けていた。ほぼチャンスにはならなかったが、時間とともに相手SBが押し込まれていくのがよく分かった。守備リスクがぐんと減り、ホール保持率ではなく「試合の主導権」を握れた大きな要因だったと思う。また、乾選手らも含めたハードワークのおかげで、井手口選手が後半はほぼ中央に「君臨」できた。結果、あの2ゴール目に結びつけた。「トップ下にはファンタジスタタイプ」という思い込みを崩し、そうでないタイプを起用しても有効な展開に持ち込めることを証明した、と感じた。
 右FWでいうと、ハリル監督は体の強い本田選手に押し込む動きをしてほしかったのではないかと推察する。タイプが違う、自分の良さが出ないかもしれないが、チームにとって必要な動きだからだ。しかも体格に優れてシュート力もある本田選手ならば、実は結構向いていたと思うし、プレーヤーとしての幅も広がったのではないか。同ポジションで起用されていた久保選手は、本来はゴール前の選手だと思っていたが、監督の要求に適応しようとしていたし、適応して幅を広げつつあると思う。

 ほぼベストだった豪州戦の内容をもってしても、本番で通用したかどうかは別だ。テストなので気にしなくていいとは思ったが、その後の試合の低調さは印象がよくなかった。ただ、原口選手や大迫選手ら、「素のサッカー」をやれそうな選手たちも一定おり、やる価値は充分にあった。日本が「素のサッカー」をやったらどうなるか。解任でその機会を逃したのは痛い。解任にまつわる経緯はよく分からないが、当然、協会は何をやっているのか、という気になる。

 そんなこんなの代表だが、なんだかんだでTVの前で応援するだろう。ひいきの原口選手が出られればなおのことだが、そうでなくても応援してしまうだろう。日本人だからなのか何なのかはよく分からないし、深く掘り下げる気もない。ただ「J冬の時代」を経験したサッカーが好きな人間として、JFLのチームを応援している人間として、代表は憧れであり希望の灯だ。
 どんな形であれ、代表が結果を残して盛り上がれば、JやJFL、地域にも、なにがしかの水滴がこぼれ落ちてくる。お客さんは急に増えないまでも、自分としては「サッカー」に対する視線が変わるだけで、大きな違いを感じるのである。大げさに言えば救われた気持ちになる。ひょっとしたら、ほかにもそういう人はいるのではないか。
 「結果が出ない方が将来のため」という声も一部あり、分からなくもない。それでも、結果を出してほしいと願う。なんとか勝って、盛り上げてほしいと願う。何かを残してほしいと願う。

vs奈良クラブ

 近隣ながら仕事でいけず、0-1で久方ぶりの敗戦を確認

 上位を窺うならば、勝ち点1はほしいところだった。しかし復調をみせる奈良クラブに対して最少失点は、悲観的にならなくてもよい要素だ。高木選手も復帰し、フル稼働中の大杉、原口選手が休んでほかの選手が経験値を上げたと思えばよい。ただ、連敗は避けたい。次のリーグ戦は「今年も強いでFC大阪」だったと思うが、守備の強度を自信にして果敢に立ち向かってほしい。
 ここ数試合であえて気になる点といえば、流れの中からの得点の少なさだ。攻撃は水物のような部分もあるので、そろそろ坂本選手あたりの調子が戻ってくるだろう。藤本選手、関口選手、中井選手らのブレイクも期待大だし、今後を戦い抜くためにはそろそろ覚醒を望みたい。
 来週は天皇杯1回戦だったはず。下のカテゴリにいるチームとはいえ、天皇杯都道府県代表を下にみられる理由はどこにもない。同じ土俵、同格である。ここ何年かの滋賀代表の初戦勝率は結構よかったはず。どんな形でも、勝ちをもぎ取ってほしい。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード