vs大分(中止)

 前半30分で雷により中断→中止
   宮市
斉藤 中村 原口
  小山嘉茂
久保田馬場大杉稲垣
   石原

 強風だったこともあるのか、開始後から長めのボールをライン裏に出していく。次第にサイドも使いながら好機を作り始め、10分過ぎには前線で奪った宮市選手がライン裏に飛び出した中村選手に絶妙なスルーパスを届け、GKと1対1に持ち込んだがシュートはブロックされた。右サイドは原口選手と稲垣選手のコンビで割に崩せた印象で、優位を保つがクロスがずれるなどもったいない場面も散見、原口選手のミドルシュートもポストをたたき、ゴールとはならなかった。
 守備の方は寄せが一つずつ遅れたところを狙われて一度決定機を作られたがシュートが枠を外れてなんとか助かった。
 優勢を保ちながらも「さあここをつなげば」というところでミスが出るなど、HONDA戦の小気味よさはあまり見られず、相手につきあうような格好になっていたところで雷鳴により中断、そのまま中止となった。
 
 開始後の暑さもあったのだろうが、少々もったりした入りで、よくも悪くも相手に合わせてしまった感を受けた。30分での中止なのでなんともいえないが、前回よかった選手たちを変えたことで影響がでたりはしなかったのだろうか。せっかくサイドをモノにしてもクロスが3本ともラインを割ってしまうなど、攻勢をかけながら点を奪えないことで、いやな思いも頭をかすめた。やはりこういったところをうまくしないと勝ち点は重ねていけないし、前期の苦しみを繰り返さないようにしてほしい。
 ただ、この数戦で見えてきた、稲垣選手を起点にしての崩しや宮市選手のフィット感など、よい材料もたくさんあった。再試合はどうなるのか分からないが、次はもっとよくなることを期待したい。
 
 この日は柳澤選手から引退の挨拶。スーツ姿もかっこよい柳澤選手であった。

柳澤選手引退

 柳澤選手が引退するとのこと。シーズン途中なのでびっくりではあるが、まずはお疲れ様、ありがとうございます、といいたい(お話ししたことはないけれど)。
 プレーを見る機会がそう多くなかったけれど、柳澤選手といえば、やはり軽やかで華麗な技術だ。ボールの持ち方、運び方に違ったものがあって見ていて楽しい選手だった。FC大阪戦だったと記憶しているが、相手クリアボールから、ダイレクトロングループシュートを決めたのには度肝を抜かれた。詳しくはないけれど、10代の頃は相当に将来を嘱望されていたそうで、その片鱗を見ることができてよかった、と思うし、それほどの選手がMIOでプレーしてくれた、ということに感慨も覚える。
 今後はどういう道を歩まれるのか分からないが、プレーと同様に、軽やかに楽しげに歩んでいかれるのだろうし、そうあることを願っている。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

vs Honda

 ネット中継をやっていたのでスマホで観戦できた
 0-1の惜敗

    宮市
原口 中村 宇佐美
   小山嘉茂
久保田門司馬場稲垣
     永富
 前半から前期対戦と似たような入り。まずはじっくり構えてくるHondaに対してMIOがサイド攻撃を中心につっかけていく。新加入即先発の宮市選手が幾度が裏に抜ける動きを見せると、ボランチ陣から中村選手あたりにいい縦パスが入り、そこから原口選手や久保田選手、稲垣選手あたりへ展開してHondaのライン裏へ抜けていく攻撃が光った。とくに左サイドでは、外→外ではなく外から内への崩しがみられ、幾度もゴール前へ迫るが、さすがにゴールは割らせてくれない。
 Hondaは当然ボールを奪い返すと鋭い出足でMIOゴールへ一気に迫る。さすがの速攻を繰り出してくるが、この日はラインをしっかり保ち、守るときは全員が戻るくらいの意識で簡単にはやらせない。24分にCKの跳ね返りから?失点してしまうが、大きく崩されるわけではなく、前半を終えた。

 後半はリードで余裕を持ったHondaに対し、時間とともに前重心になっていくMIO、という展開となった。右サイドの稲垣選手も高い位置で幾度も仕掛けるなど、猛攻を繰り出すが、Hondaも超高精度のカウンターで対抗、永富選手と門司選手が被決定機を2度しのいだ。坂本選手も投入し、ポスト直撃?のシュートを放つなど最後までHondaを脅かしたが、追いつけぬままゲームを終えた。

 ネット視聴の限りでは、前期と同じような展開で、決してスコアほど悪くなかった前期よりもさらにいい白熱した試合だった。決定機の数からみれば、スコアは妥当だけれども、負け試合の中ではベストゲームに近いといえるのではないか。サイド突破はかなり熟成されてきて、実況解説からも結構お褒めの言葉があった。守備も門司、馬場、小山選手を中心に、1点は取られたがベストといってもいいくらい良かったと思うので自信にしてほしい。
 ただ、負けは負けなので、こういう内容の試合をHonda以外にもして、勝ち点確保につなげていかないと意味がない。毎度毎度思うけれど、Hondaは何でもないトラップからしっかりしているし、MIOはクロスが大きく外れる場面が幾度かあった。このあたりがスコアや決定機に反映された、と思うのでさらなる向上の余地はある。そして向上した暁には相当なチームに化けていることだと思う。「MIOはやれるチーム」ということを改めて認識できた試合だったので、なおさらそう感じるのだった。

 初のネット視聴の感想。「しょうがないけれどカメラの高さがないので反対サイドはやや見にくい」「画質はスマホでは十分、ずっと見てると酔いそうになるが、DAZONでもそうだったからこれはしょうがない」「時計と得点表示などはないけれどまあ仕方ないし、かえって現地観戦の気分がでる」「解説がHondaのOBの方だったそうで、サッカーに詳しい実況の方ともあわせて、相当勉強になった。JFLなので初見の選手情報が少ないのはやむなし」「日向小次郎スタイルの門司(定着するといいな)」「MIOダンマクに言及あり、マイク位置などもあるかもだが、声はMIOサポさんのほうがよく入っていたし、しっかり聞き取れた。おお、今日はトランペットもある!とスマホ片手にテンションアップ」
 結論。ネット中継ありがとうございます!

宮市剛選手加入

 宮市亮選手の弟、剛選手が期限付き移籍で加入とのこと。J2の、J1にいたばっかりの湘南からの加入とあってMIO史上でもかなりの「ビッグ移籍」ではないだろうか。剛選手自体、宮市選手の弟ということもあるが、湘南加入の時は結構話題になっていた記憶がある。プレースタイルはまったくわからないが、FWということでお兄さんと同じくスピード系統なのか、それとも上背を生かしたタイプなのだろうか。いずれにせよ、選手層が一段と厚くなり、競争も激しくなってチーム力アップにつながってくれるはずだ。
 ネームバリューのある選手だし、力もあるはずで期待も大きいが、宮市選手の加入で心機一転すべてうまくいく、というほどJFLは甘くない。宮市選手自身、レンタル先も含めてここまでのキャリアはなかなか力を出し切っていない、という感じだし、シーズン途中から入って合わせていくだけでも結構大変なものがある。勝手に救世主的な期待をしょわされても困ってしまうかもしれない。
 それでもなお、宮市選手のブレイクとMIOの上昇曲線が軌を一にすることを期待する。「後がない」という本人の思いや、中口監督の手腕、ひょっとしたらコンバートなんかが一気に力を解き放ち、MIOのサッカーになじんでくれるのでは、と夢見てしまう。
 基本的に地味なチームのMIOであるが、たまにはこういう賑やかしいニュースもよいものだ。宮市選手のファン、サポーターのかた、あるいは「一度みてみるか」という県内のサッカーファンもMIOの試合に足を運んでくれるとなおうれしい。

VSヴィアティン三重

 5-0で12試合ぶり?の勝ち点3

     久保
     坂本
原口       宇佐美
    小山嘉茂
久保田門司馬場稲垣
      永富   
こんな感じでなかろうか

 ここ数試合と同様、序盤から主導権を握る展開に。坂本選手が中央に陣取る時間が増えたことで、独特のタメが生まれ、スリッピーなピッチ状態もあって滑るようにボールが回っていく。裏を取れる回数と精度がよく、稲垣選手、原口選手が相次いで強烈な枠内シュートを飛ばすなど、ここ数試合と同様に好調な立ち上がりをみせる。三重は前線に迫力があり、特にトップの選手は大きくて運動能力に優れるやっかいなタイプで、この選手にボールが入るとなかなか奪えずにシュートまで持っていかれるシーンもあった。特にMIOの攻勢がひと段落して受けに回ると、この選手を中心にゴール前に詰め寄られ、あわや、の場面を作られるが永富選手の好セーブや、門司、馬場選手の果敢な対人守備、小山選手の好タックルなどでしのいだ。
 攻撃は序盤ほどの決定機はないものの、意図のあるパス回しが目立ち、前半を終えた。

 雨脚が強まった後半は、久保選手に変えて堀川選手を投入。坂本選手をうまく中継させるパス回しを繰り出し、5分ごろに左サイドからPAに入ったボールを堀川選手がPA外に戻したところ、右サイドを駆け上がった稲垣選手が低弾道のミドルを直接叩き込んで先制した。悦びも冷めやらぬ8分ごろ、今度は右サイド裏に出たイーブンのボールに坂本選手が粘り強く絡みつき、そのままタッチラインまで持ち上がり、ぎりぎりのところでしっかり中を見て折り返すと、待ち受けていたのは堀川選手。難なく叩き込んで早い時間帯に追加点を挙げた。
 こうなると三重が前に重心を移し気味になり、押し込まれる半面、中盤で奪えばカウンターの機会が増え始める。 25分ごろには中盤の底でインターセプトに成功した小山選手が、空いた広大なスペースをそのまま持ち上がり、PA前で裏に抜ける堀川選手にピッタリのスルーパス。GKと一対一になった堀川選手が冷静に流し込んで3点目。その後もFKから坂本選手があわせて4点目、終了間際には左サイドから出てきたボールに、駆けあがった原口選手が抜け出して5点目を決めた。
 三重も一点でも、という攻撃を仕掛け、ひやりとするシーンもあったが、永富選手の好守、馬場選手の鬼気迫る守備などで完封を果たした。

 やっと、やっとの勝ち点3。選手たちの喜びや充実した表情をみると、試合後のラインダンスでは目頭があつくなった。苦しい時もずっと声援を送り続けておられたサポーターさんたちはそれ以上の思いだったと推察する。特に先制点後の稲垣選手の表情にはぐっとくるものがあった。そして望外の5得点。点を重ねるごとに、攻撃だけでなく、守備面でも選手たちに自信がよみがえっていたように思えた。
 もちろん前半からいい試合だったが、0-0での折り返しだったので「またか」という思いが去来していた。ひょっとしたら選手たちも同じような感じだったかもしれないが、稲垣選手の見事なゴールがすべて吹き飛ばしてくれたように思う。
 もちろん全選手よかったのだが、やはり坂本選手がスタートを中央にしたことで、中央に大きな起点というか、深みが生まれたことが今日の結果につながったのではないか。またこれまでも決して悪くなかった球際の出足が、さらにもう半歩出た印象を受け、これが守備でも踏ん張れた要因、という印象を受けた。終盤には、交代の関係で嘉茂選手が前線に位置し、ボールを受ければ即決定機、ともいえるほどのチャンスを量産してくれたのも頼もしかった。一つのオプションになってくるのでは、と期待している。

 とにかく前期の最後を勝利で飾れて本当によかった。いい形で後期にはいってほしい。少しでも順位を上げて、今日の力を上位チームにも見せつけてほしいし、できると信じている。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード