新世界より

P9110684.jpg
 今から1000年後?くらいの日本が舞台のSFもの。人類は呪力が使えるようになっているが、何らかの原因で汚染され、奇妙な生物が数多く生息する中、安全な狭い地域で生活している。その中で暮らす子供たちの疑問や冒険により人類を揺るがす事態が発生する。

 バケネズミはじめ各種生物の描写がかなりグロテスクだった。呪力というキーワードを軸に人間の定義を多方面から照らし出す内容で、1000ページ近くにもかかわらず、3日ほどで読み終えてしまった。人間同士が生物学的に分かたれてしまう日がくることはあるのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード