水滸伝

P9020601.jpg
 水滸伝は実は吉川水滸伝と北方水滸伝どまり。108星結集以降はあまり知らなかった。吉川水滸伝は日本向けにアレンジしていたからだろうが、原作訳では黒旋風はじめ、みんなの残虐ぶりにやや引いてしまうな。悪徳役人はともかく、子供や使用人含めて皆殺しってなあ・・・。まあ、当時の価値観はそういうもんだったのかな。北方水滸伝の解説で「原作は豪傑が酒飲んでくだをまく話」とあったが、なるほどそのとおり。とにかく牛や羊つぶして宴会また宴会。楽しそうだな。

 宋江がいきなり招安唱えだし、忠義面し始めるのは違和感あったし、108星が次々と消えていくのは悲しいが、李俊ら生き残り組みもいてよかったなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード