天皇杯準決勝

  1-1でPKによる敗戦

後半途中までしか観られなかったが、いつにも増して動きが鈍かった。足もとへのパスが多くなり、動き出しも遅いのでライン裏に抜けられずに詰まってしまう印象去った。びわこ成蹊大も当然JFLクラスの力はあったが、そこまで強かったかと言われるとそうでもなく、一週間前のSAGAWA戦とは試合内容は比べるべくもなかった。

 天皇杯は県民にアピールする格好の場。結局出場できたのは2年前の戸塚MIOだけだ。そういう意味で敗退は残念な一方「休めてよかった」「負け(引き分け)試合がリーグ戦でなくてよかった」という思いもある。特に攻撃陣はしばらく同じメンバーで疲労感が漂っている。田中大選手も、出ずっぱりのせいか体力とともにアイデア、ひらめきの方に疲労感がでていたような気もする。この2週間でうまくリフレッシュしてほしい。先発交代も必要という気もするが、継続性もあるし難しいところ。和田監督がどう判断するか見物でもある。個人的には中盤の底に浦島選手を戻してほしい。金選手も守備面はいいが、配球と前へのダイナミズムは浦島選手に軍配が上がると思う。中濱選手がサイドに張り出すこともあるだけに、今のMIOには中盤の底から飛び出す勢いがほしい所だ。
この試合では、木下選手が必死でチェイスしていたのがよかった。ここ数試合、木下選手のチェイスからのボール奪取が目立つ。長い手足なので結構効果的だ。安部選手が乗り移ったようでいい傾向だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード