相性

 今季も残り11試合。もうすぐ後半戦に入ってくる。中位につけているMIOだが、上位チームを見渡すと今季に限っては勝てているチームが多い。というか、負けているのはガイナーレくらいではないか?結構上位キラーなんだなあと感心した。琉球に2敗していることなどをみても、MIOはきちんとパスをまわしたり、前に出てきてくれる相手の方が相性いいのだろう。反対にがっちり引かれると打開策が少なくなっているのかもしれない。JFLにあがってから、手も足もでなかったな、というチームは昨年のHONDAくらいだろうか。チーム同士の相性というのはやっぱりありそうだ。ファンとしてもSAGAWA相手でも、勝てるかも、と思うが琉球だったら、いやだなあと感じてしまう。実際にやっている選手はより強いイメージがあるから、それも相性につながっているのではないか。

 対上位の戦績を見る限り「将来的なJ参入」を口にしても恥ずかしくはない。今日のゲームのように苦しいながらも勝ちきる試合を増やせれば4位内は自然についてくるだろう。それにしても、守備は2失点したのはNW北九州戦が最後。いつの間にか堅守(まだイメージはないが)になったな。ひょっとして後期はリーグ最少失点くらいではないのかな?

 そういえば最近枡田選手の怪我で浦島選手が右SBで、最後の方に畑選手と交代するパターンがあるが、河野選手SB起用はもうしないのかな。展開力を身につけてきた浦島選手を中盤に置いてもいいような気もするが。カードの多さがネックになっているのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード