VS TDK SC

2-1の勝利

  木下田中大
壽 金 中濱安里
細貝谷口石澤浦島
  田中剛

開始早々の相手陣内フリーキックを得て、石澤選手が合わせてあっさりゴール。主導権を握り、壽選手のパスから田中大選手がバー上の惜しいシュートを放つ。パス回しがさえて相手を圧倒、木下選手に決定機が訪れるなど、よいときのリズムが戻ってきた。が、それも15分までで暑いのか両チームともにペースダウンし始めた。少しずつつなぎが雑になり、意思疎通も合わなくなってくる。相手はFWにこそボールが収まるがあまり迫力はなかった。それでもクリアミスなどにつけ込まれ、一対一であわや、の場面を作られてしまった。木下選手や安里選手がカウンターで対抗するがシュートまで持ち込めないなど、あまりいい流れにならないまま、前半を終えた。

 後半に入ると、安里選手がトップに上がり、中濱選手が右サイドに張りだした。開始早々にピンチを迎えるがまたも相手のミスに助けられると、木下選手、安里選手が一対一の場面をそれぞれ作り出したがGKの正面。逆に相手にバー上のきわどいシュートも受けた。20分ごろに安里選手に替えて安部選手を投入、ボールの収まりと前からの守備が好くなり始めた。チャンスはできるが決定機には至らず時間が過ぎていった。相手の攻撃も迫力を欠いたおかげで大きなピンチはなかった。40分ごろに田中大選手から中濱選手、木下選手へつながり、木下選手が放ったシュートはポストに当たってゴール内へ。貴重な追加点をあげた。その後は審判の不可解な笛が続き、谷口選手が2枚目のイエローで退場。そのFKからロスタイムに失点するもそのままタイムアップで3試合ぶりの勝利となった。


 信じられないくらいの暑さの中、選手達はよく走った。TDKも迫力不足で内容はもう一つだったが、とにかくひさびさの勝ち点3は大きい。すでに昨年の勝ち数(10勝)に並んだし、木下選手もひさびさのゴールで、得点数をふた桁に載せた。こういう試合をなんとか物に出来たのは地力が付いたからだろう。といっても、前半15分までにもう1点とれそうだったから、そこで決めていればもっと楽だっただろうが。まあ、攻撃陣も復調の傾向が見られたし、守備陣の踏ん張りが確実に勝ち点の積み上げにつながっている。

 それにしても審判の判定はよく分からなかった。谷口選手への2枚目もそうだが、石澤選手へのイエロー、安部選手へのファウルを流すなど久々に変な判定に出くわしたな。谷口選手が滋賀ダービーに出られないのは痛い。畑選手がいるからなんとかなるとは思うが・・・。次の一戦で負けるとまた中位をうろうろ、になってしまうので首位のSAGAWA相手とはいえ、何とか勝ち点3が欲しいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード