VS 町田ゼルビア

  1-1の引き分け。

 ネットなどで知る限り、かなり一方的に攻め込まれた試合だったようだ。好調だった町田、下降気味のMIO、アウエーという状況を考慮すれば、よく引き分けたといえるのかもしれない。上位も結構足踏みしているから、勝てればよかったが、まだまだ上はうかがえる。

 昨年までであれば、先制されて守備陣が崩壊していてもおかしくなかった。ねばり強く守ってよく追いついたものだ。チームとしての力が上がっているのはもう間違いない。守備に関しては本当に谷口、石澤選手の力だな。本当に頭が下がる。
一方で攻撃陣の得点力が落ちている。バイオリズムもあるのだろうし、木下選手、田中大選手の調子が落ち気味なこともあって仕方ない面もある。ただ、ジェフ戦でも気になったのだが「田中大選手システム」が機能しない場合、攻め手が単純なロングボールになってしまっている。自分の記憶では、今の「田中大システム」が始まったのは、NW北九州戦から。しかし、その前もそれなりにいい攻撃をしていた時期があったはずなのだが、忘れてしまっているかのように思える。田中選手と違ったパスセンスのある若林選手の起用や、システムを多少変えるとか、思い切って田中選手、木下選手をスタメンから外す(能力は文句なし。疲れがたまっているように見える)、などの策が必要なのではないだろうか。選手達がますます混乱してしまう、という懸念はないわけでもないが・・・。まあ、和田監督の手腕ならなにがしかの解決策があるのだろうし、選手も判っているはずだ。

 8月は天皇杯予選もあり、ハードな日程になるが、滋賀ダービーがあるのでこの後の全試合を県内でこなせるのは大きい。天皇杯も甘くないと思うが県代表になることはMIOにとって大きな意味をもつだけに、選手たちの活躍を期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード