vsラインメール青森

 追いついての2-2

   坂本
原口 嘉茂 宇佐美
  馬場松田
久保田高木大杉志水
   吉崎  こんな具合ではなかったか。

 2018シーズン開幕、キックオフ直後から、中口さん就任以来続く前からのプレッシャーとサイドからの攻めを展開した。前線からの積極的な追い回しに加え、馬場選手が中盤にいることで競り合いの無理がきき「体を入れて奪いきる」守備が多く見られた。DFも高木選手と大杉選手の落ち着いた対応でハイボールを危なげなく処理。SBは志水選手のポジショニングと体の使い方のうまさで大きな破綻なくゲームを進めた。
 サイド攻撃は右は宇佐美、志水選手、左は原口、久保田選手が中盤と連携しながら崩していくスタイルを徹底し、次第に青森守備の裏をつき始めた。すると15分ごろ、右サイドを一度崩して戻ったボールを受けた原口選手がPAへの侵入を試み、中で構えていた坂本選手の足元にパスを届けると、坂本選手がうまくターンを決めてGKの逆を付いたボールをゴール左隅にゆっくりと転がして先制に成功した。
 シーズン初ゴールで勢いづくが、5分ほどのちにハイボールをヘッドではじいたところを拾われ、サイドネットを揺らすミドルを決められ、同点となった。青森も中盤で回してサイドに素早く配給する攻めを徹底し、少しずつリズムを戻し始めた。CKを取られるケースが出はじめ、35分頃にはそのCKからあわされて失点。1-2とされる。MIOは序盤のリズムが少し崩れるも、青森の攻めを凌いで前半を終えた。
 
 後半は頭から宇佐美選手に替えて関口選手を投入。すかさず、右サイドから中央へ3、4人を引き連れる突破を2、3度繰り出してリズムを取り返す。すると左サイドも一気に活性化。馬場、原口、久保田選手の連携でサイドの主導権を確保すると、小気味いいまでに突破を繰り返し、いつ同点ゴールが生まれてもおかしくない状況を作り上げた。時間の経過とともに攻守にハードワークを惜しまなかった原口選手に替えて瓜生選手を入れ、久保田選手を一列上げた。この采配もあたり、久保田選手が良い位置でボールを受けて仕掛け、チャンスを量産した。シュートが枠を外れるなどしてなかなかゴールが生まれない中、30分ごろ、PA内の密集からPA外にボールが戻されると、待ち構えていた坂本選手がPA内にくさびのパスを打ち込むと同時に走り込んでリターンを受け、抜け出して遂に同点ゴールをあげた。
 追いつかれた青森も前に重心を戻し、一進一退の展開となった。門司選手を投入し、幾度か好機を作るも決めきれず試合を終えた。

 内容は素晴らしかったと思う。昨年だったら追いつけていなかったのではなかろうか。後半の猛攻が本当によかっただけに、結果論だが寄せが遅れた感のある2失点目がやや勿体ない形だった。それでも、昨季の上位チーム相手に追いついての勝ち点獲得はポジティブにとらえたい。
 
 2得点の坂本選手はいうまでもなくファンタスティックな出来。2得点とも違う形ながら、それぞれボールを受けた瞬間にゴールへの道筋(坂本選手の中で)ができあがっていたのではなかろうか。すべての動きに意図が込められていたように思え、絶賛以外することがない。テクニックもポストも水準を超えているので、昨季のように2列目もこなせるだろうが、やはり本領はゴール前。特別に足が速いわけでもヘッドが強いわけでもないが、ボックス内で足元にボールが収まると「これぞ点取り屋」というセンスを存分に見せつけてくれる。今日の試合でいえば、前線での絶え間ない守備を続けながらの結果なので、もうこれはスーパーな出来としかいえない。
 守備面に関しては、高木選手の強さと落ち着き、判断のよさ、馬場選手の中盤での存在感が目立った。同時に、目立たないながら今季加入の志水、松田選手の働きも大だった。両選手とも大柄ではないが、体の寄せ方やポジショニングなどさすが、とうならせるものがあり、寄せても奪いきれなかった昨季の守備網の強度向上に貢献していた。なんやかんやとベテラン選手が増えているが、若手選手もこういう動きを体得してもらえれば、MIOのベースは強固になっていくだろう。
 どの選手もよかった開幕ゲーム。坂本選手はいうまでもないので、自分としては、あえて久保田選手をあげたい。昨季までは能力の高さは見せながらも、その分攻守にもう一つ物足りないな、という印象を抱いていたが、本日は覚醒したと言ってもいいくらい出色だった。ボールの受け方がすべてよく、高速攻撃を牽引していたとみたし、守備も寄せ、強さとも大幅に良くなっていると感じた。こうなるともともとの能力が十全に発揮されるだろうから、今シーズンはかなり楽しみだ。
 天候もよく、熱戦が繰り広げられたピッチ。やはりサッカーが、MIOがある週末は幸せだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード