FC2ブログ

Twitter文学賞を巡って

 新刊をほぼ読まないので投稿したことはな「Twitter文学賞」を実施しているのは知っている。海外部門と国内部門に分けてその年に刊行された作ならば一人(1アカウントいが、ネットで書評家の方々が中心になって)一票があるそうだ。
 なかなか新刊を読まない自分にとって縁がない取り組みなので、結果も特に注目はしていなかったが、今年は加藤シゲアキさんの作品を巡ってのやりとりが目立ったので、興味深くやりとりを見ていた。一連のやりとりをみるまで加藤さんのことも作品も知らず、作品評などはできようもないが、加藤さんの懐の深い対応とファンや書評家の方々の真摯なつぶやきでひとまず丸く落着、よかったなという印象を受けた。
 
 また、加藤さんのファンや書評家の方々のやりとりを通じ、「小説の評価とは何か」を考えるいい機会になった。小説の評価でまずシンプルに思いつくのは「面白さ」だろう。「手に汗握る」なのか、「思わずうなる」なのか、「深く感心する、涙を催す」なのか。方向性はあれども「読み手の感情を大きく揺さぶった=面白かった」は極めて重要な要素だ。これでほぼ決まる、といってもいいのかもしれない。
 もう一つ、面白さに付随して「何を描きだしているか」や完成度も作品評価の要素だと考える。言葉の選択や並べ方で世界を浮かび上がらせる技法、あるいはこれまで思いつきもしなかったような世界の側面に焦点を当てる、といった部分は「作品評価」を考える場合に欠かせない。読書中は必ずしも感情を揺さぶらなかったり、難解だったりしても、読後にずっしりとした重みを抱えてしまう、長い目で見ればその後の世界観が変わってしまう本もある。設定やストーリー展開で感情を激しく揺さぶる本でも、読後に残るものは少なかったり、言葉遣いが雑に感じられる作品もあるし、その雑味があってもなお押し切るパワーを持つ作品もあり、実に多面的だなあと思う。
 さらに評価には比較対象が不可欠で、同じ能力や感性の人ならば、程度はあるにせよ、読めば読むほど評価の精度は高まる、と考えるのが普通だろう。ただ、そうはいっても冊数なんかきりがないし、有限の時間の中での読書経験は一回性の希少価値を有していることも間違いない。

 作品評価は真剣に考えれば考えるほど極めて難しい。自分も今まで読んだ本のベストを選べ、といわれても選びきれないだろう。選考委員会である程度の指針を共有し、鑑識力を備えた人たちが協議を重ねて選ぶ賞と、誰もが参加できる賞では選考基準がずれるのは当然だし、またそのずれには意味があるのだろう。作家さんや書評家の方々にとって、賞の位置づけや獲得の有無はとても大切なものだろう。しかし、一介の本好きとして無責任な立場で言えば、賞への投稿を通じ、自分なりの作品評価を行うことで、改めて作品に向き合ったり、自分の感性や批評眼を見つめ直したり、読書とはなにかを考えたりできれば、それは意義深いことではないだろうか。Twitter文学賞の要項なんかを読んでいると、運営の方々もそういったことも視野にいれておられるのではないか、と勝手に想像する。
 
 今回の件で言えば、一連のやりとりを通じて文庫になったら加藤さんの本を読んでみようかな、という気にさせられた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード