特命委報道

 先日新聞各紙に「滋賀県サッカー協会がJ特命委員会を設置」との記事が掲載された。従前の報道通り、MIOを軸としてオール滋賀でのJ昇格を模索していくそうで、MIOからも代表が参加する構成となっている。協会会長はもちろん、県知事のほか東近江市、草津市長、経済界代表、県体協代表、国会議員らがメンバーに名を連ねている。
 こういった組織設置の場合、地域のお付き合いや面子、体裁などの諸事情で、行政の長や経済界代表が入るのは往々にしてあることだ。各団体の本気度(東近江市長さんは確実にあると推測するが)がよく分からない中、個人的には国会議員がメンバー入りしている点が気になる。兎にも角にも「地域で検討しましたよ」という体裁だけを整えるのであれば、国会議員は不可欠ではないし、入ったとしてももっと形式的な肩書きをあてるのが通常のケースではないかな、と考える。しかし今回は協会の特任理事という立場で座長ポストに付いており、普通に考えれば、検討において中心的な役割を果たすことになる。この手の委員会で国会議員がこういった役回りを担うのは、あまり聞いたことがない。滋賀からのJ入りがなんとか実現してほしい、という自分の欲目もあるが、国会の仕事やうまくいかなかった場合に負うリスクを考えれば「本気度」はかなり高いのではないか、ととらえている。
 また県協会のHPにも特命委の内容を受けたような目標が掲げられており、単なるポーズ以上のものがある、と期待している。
 
 ただ、この種の話は各人の本気度が高くても、様々な地域事情やお金の制約でうまくいくとは限らない。諸々の壁を打開する推進力は、やはり地域の理解であり、その理解に繋がるのはMIOの人気や成績も大きな要素を占めるだろう。というわけで来期以降はもっともっと多くの人にMIOの試合に足を運んでもらい、好きになってもらわないといけない。勝ち負けだけでが魅力でないとはいえ、ある程度の成績も必要になってくるのが現実だろう。苦しい局面も出てくるとは思うが、チームも一層成長していかないといけないし、そんなチームを精一杯応援したい。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード