移籍・退団

 年末にさしかかりMIOの退団、移籍情報もぼちぼち出始めた。昨年は大半の試合によく絡んでいた、いわゆる「レギュラー級」の移籍退団はあまりなかったような記憶があるが、今年は稲垣、小山選手とすでに2人も出た。
 J3藤枝に行く稲垣選手は、守備面ではすっかり右SBの守備力となり、攻撃面では4得点と破格の活躍だった。一度高い位置で受け、そこからパスなどで中に入っていく動きは、攻め手が豊富だったとはいえない今季のチームの中では格別に重要な動きだった。得点数もポジションを考えるとほぼ安楽選手級の働きで、J3移籍が叶ったのも当然かも知れない。安楽選手同様、J3でも暴れてほしい。

 奈良クラブ移籍の小山選手は、ルーキーイヤーの昨季からチームの屋台骨だった。とくに今年は重要度がさらに高まった印象がある。下がってはCBの間でボールを受け、上がっては相手CBにプレッシャーをかける縦横無尽の動きで、攻撃のスイッチ役でもあったと理解している。なんとなくだが、ガンバの井手口選手っぽい感じで、まさに「小山選手ありき」のサッカーだったと言っても過言でない。それだけにここでの移籍は痛い。この2年間の積み上げをいったんリセットしないと行けないのでは、と思うほどだ。それでも小山選手の選んだ道。新天地でも(できればMIO戦以外で)ピッチを駆け回ってほしい。

 両選手、特に小山選手が抜けることで、来季のサッカーが「また一から」となってしまう不安がある。昨季は主力級が抜けず、今オフも「ひょっとしたら継続3年目のチームを初めて見られるかも」と、かすかな期待があったが、この移籍で「やっぱりか、またか」という感情があるのは正直いって否定できない。編成も決まっていないが、来季も苦労するだろうな、という覚悟もできている。
 一方で、毎年のことなのでもう慣れてもいるし、主力が移籍しても「どうってことないさ」という開き直りもある。MIOで結果を残すことで、他チームに必要とされたりJに行けるのならば、結果としてMIOのためにもなると信じている。FC大阪への移籍が決まった桑水流選手も含め、これまでMIOから巣立った選手たちと同様、観に行くことは厳しいけれど、ずっと応援している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード