FC2ブログ

振り返り選手編①

 今季はあまり観戦できてないので、言及できる選手が少ないのが寂しいところ。

 永冨選手 今年も好セーブが多くみられた。CB陣とのコミュニケーションがとれているからだと思うが、飛び出しの範囲なども安定しており、昨年に続き安心感があった。キックの精度もMIO加入年に比べると相当アップしていると思うし、現状での守護神はやはり永冨選手だろう。三重戦でのけがは、チームとしても大きな痛手だった。来シーズンの復活を楽しみにしたい。

 石原選手 永冨選手をずっとみていたからだろうが、まだ慣れない面も見受けられる。最終戦ではフィードや飛び出しが不安定になってしまったが、経験を積んで成長できると思うので頑張ってほしい。

DF編

 大杉選手 いつも事前の位置取りがうまいなあ、と思ってみている。今季は特にカバーリングのよさが目に付いた。バックラインで回しながら、タテに入れるボールも実はなかなか精度が高いな、と感じている。
 
 馬場選手 今年はほぼCB固定。身体能力を生かしたプレーは、やはり見ていて頼もしかった。足元もあるので苦しい状況でも馬場選手のところでボールが収まると、かなり楽になるのが見ていてもわかる。

 門司選手 開幕あたりはFWで途中出場していたが、途中でCBにコンバート。終盤はけがなのか、ベンチ外が多かった。なんと言っても高さと手足の長さがあり、ハイボール、くさびをしっかりはじき返せるのは大きかった。スピードも結構あり、FWらしく足元もしっかりしており、シーズン中盤のMIOが一番良かった時期を支えていたと思う。終盤に出番が減った理由はよく分からないが、門司選手がいることで選手起用の幅も広がるし、来季のMIOにも欠かせない人材と位置づけている。

 稲垣選手 右SBとして、終盤のけがまでほぼレギュラーをつとめ、4点をあげた。ダイナミックな飛び込みと高い位置で受けて中に切り込んでいく動きは武器になっていた。あとはクロスの精度が高まればMIO歴代でもかなりの位置を占めるのではないか。

 佐々木選手 主に右SBとして出場。特段の派手さはないが、攻守に骨惜しみない動きが良かった。最終戦では攻撃もかなり目立っていたので、来シーズンが楽しみだ。

 久保田選手 主に左SBで展開によってはMFに。昨シーズンに続き快足を生かしつつ、見た試合の限りではプレーの質にやや波があったのかな、という印象だ。ポテンシャルは相当なものだと思うので、来季は大化けを願う。

 瓜生選手  左SBとして、小柄ながらスピードと高精度クロスを見せてくれた。FK、CKキッカーも努めるなど貢献度は高かったと思う。特にクロスの精度は、チームコンセプトによってはかなりアシストがつきそうな感じだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード