vs浦安

 0-1で最終戦も黒星で終了
    坂本
斉藤  嘉茂 原口
   中村小山
久保田馬場大杉佐々木
    石原 こんな感じか?

 強風の布引で風上でスタート。序盤こそ風で伸び縮みするボールを収めるのに苦労したが、徐々にペースをつかみ出す。ボランチの位置からサイドに広く振る展開を多用し、右サイドの佐々木選手が躍動するシーンを数多く作り出し、主導権を握った。嘉茂選手谷中村選手、斉藤選手あたりがゴールの匂いがするプレーで迫るが、枠外に飛ぶなどして決まらない。パス交換も密集地帯を抜けるときと絡まる時が出始め、カウンターを受ける場面も増え始めた。それでも主導権はがっちり握っていた30分頃、大杉選手、馬場選手がヘッドでGKに戻したところ、息が合わずにラインを割ってCKを与えてしまう。しかもこのCKを決められてしまう最悪の展開となってしまった。
 
 後半も主導権を握り、さらに攻勢をかける。左サイドの久保田選手も果敢に前に進出。中村選手、斉藤選手と絡んで幾度も切り崩しにかかる。守っては小山、馬場選手の危機管理がよく、ほぼ一方的に支配する時間帯も生まれ始めた。相当早いテンポのパス交換からシュートチャンスに持ち込むシーンもあったが、これも決まらず。終盤は馬場選手を最前線にあげて1点を奪いにかかるが、浦安の守備陣を崩せず、終了した。

 被決定機は失点場面とあと一回くらいだったことを考えると、勿体ないことこの上ないゲームだった。ちょっとしたミスから決められ、好機を生み出しかけるも決めきれず、という今季の苦しさを象徴するゲームを最終戦にしてしまった。斉藤選手、中村選手のラストゲームということを思うと、結果にはがっくりきてしまった。結局、降格チームとの勝ち点差はほぼないに等しい。シーズンで1、2試合ならともかく、この手の内容を何試合も繰り返してしまうということは、掛け値なしにこれがMIOの今季の力だったということだし、この現実は直視しないといけない。

 とはいえ残留できたのも現実だし、攻守にいいシーンは多かった。目の覚めるような速度のパス交換は、一瞬Hondaかソニー仙台かと思ったし、小山選手のカバーはほぼ完璧に近かった。監督さんの挨拶から、来季もやってくれそうな印象を受けたので、攻守ともより磨きをかけてほしい。

 試合後に斉藤選手と中村選手の挨拶があったが、それぞれに人柄が出ていて、胸を打たれるものだった。勝てはしなかったけれど、大勢のお客さんが入ってくれている日だったのがよかったなあ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード