MIO苦戦の年

 シーズン最終盤にさしかかり、行ける試合ももうわずかしかない。ついこの間まで後期に入ったばかり、と思っていたが、1シーズン、あっという間だ。
 MIOはあと4戦のこして勝ち点24の14位(だったよね)。勝ち点獲得ペースは前期をわずかに上回っているはずだが、のこり試合全勝しても勝ち点36が最大値(だと思う)で、残留争いをしているのが現状だ。ファンとしては選手たちが一生懸命にやってくれた結果ならしょうがないと思う。しかし選手や首脳陣が掲げている目標なり、自己評価なりからすれば、うまく行かなかったシーズン、ということになるのだろう。
 かくいう自分にも、中口監督2年目となり、前年の選手もまあまあ残ってくれ「今年こそは」という思いはあった。勝てない試合は多かったが、一方的にやられるというわけではなく、強豪と渡り合うような好ゲームもあるなど「あと一皮むければ」と思ってきた。その感想はそう外れてもないと思うが、結局「あと一皮」のブレイクがなかったことがすべてだったように感じる。戦術や選手の質がどうこう、ではなく、パス一つのタイミング、ボールホルダーへ寄せ、ボールに足を絡めたときのもう一踏ん張り、ゴール前で持ったときのわずかのシュートチャンスなどを、少しずつ逃してしまった結果の積み重ねが今の順位に反映されている印象なのだ。厳しい言い方になってしまうかもしれないが、これが今のMIOの力だ。
 もちろん、選手がサボっているとか気を抜いている、という訳ではない。自分たちの全力のプレーをしても相手があることで、勝ち点に結びつくとは限らないので、選手や監督に不満を感じることはない。 
 それでも、どこかモヤモヤとした感情がぬぐい切れない。たぶん、今のMIOの力がこの順位、と頭では分かっていながらも「もっとできるはず」と願っているからだろう。応援に行けない時期が続く中でこんなことを書くのはなんだか申し訳ない気持ちではあるが、選手たちは残り試合「自分たちはもっとできる」と信じて(その力はあると思う)、悔いなくやってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード