vsヴィアンティン三重

 1-1で連続分け

   征矢
原口 中村 坂本
  嘉茂小山
瓜生馬場大杉稲垣
   永冨

 台風接近で雨こそないが時折強風が吹きつける天候の中、伊賀の再現をなすべく、前からの守備とサイド突破で切り崩しにかかるMIO。特に瓜生、原口選手の左サイドの連携がよく、小気味いいリズムのパスで相手サイドの裏を、裏を突いていく。一度、完全な崩しからクロスをあげ、征矢選手が完全にフリーになってヘッドを放つが、枠の外に飛ぶ。
 MIOの攻勢が一段落すると、三重も小柄で俊敏なドリブラーが中盤で受けて前を向いて仕掛けはじめる。この仕掛けに結構手を焼いた印象で、DFラインが下がりだし、ボールを奪ってもうまく前線につなげられなくなる。守備でも、ボールを囲んで体を入れてボールをマイスペースに入れても「さてどうするか」と見ているうちにかっさらわれてしまうなど、リズムが出ない。それでも永冨選手の好守でしのいだ30分過ぎ、セットプレーのカウンターだったと思うが、左サイド裏に飛び出した中村選手にボールが届き、右足に持ち替えてクロス。すると大外から稲垣選手が飛び込み、右足で一切無駄のないトラップで収め、GKとの1対1を制して先取点を挙げた。

 風下に立つ後半、三重は前回MIOを苦しめた13番の選手を投入してくる。身体能力に優れる相手にボールを収められ、、馬場選手が対応に手一杯になった印象で、一気に守勢に。3分頃に右サイドのタッチライン際を破られてシュートを許し、一度は永冨選手がはじくも、こぼれ球を突き刺され、同点に。三重は13番の投入が当たった印象で、MIOは自陣に釘付けにされた、前回ロック戦と似た展開となる。ヘッドでクリアしてもボールが戻るため、マイボールにしきれず、いきおい、征矢選手へのロングボールが多くなる。カウンターの好機も中盤のなんでもないつなぎのミスで逆にピンチを招き、永冨選手の出番を増やす結果になった。
 MIOは斉藤選手、関口選手、久保田選手を続けざまに投入。これが功を奏し、主導権を握り直す。今度はクロスからのヘッド、CKこぼれからの馬場選手のシュートなど立て続けに決定機を作り出し「勝ち越し点近し」を思わせた。
 ところが終了間際に最悪の事態が起こる。相手のロビングパスに反応して飛び出した永冨選手がPA外で相手選手と交錯、ボールは見事にクリアしたが、相手の足が永冨選手の足に当たる。起き上がれず、必死の形相で痛みを訴える永冨選手にようやく気づいた主審がゲームを中断した。おそらく骨折であろう、救急車がピッチに入るほどの事態で、永冨選手は痛みを訴えながら搬送されてしまった。交代枠を使い切っていたため、大杉選手が31番の赤いユニホームをまとい、ゴール前へ。再開後は一人少ないなか、無理に前に出ず、大杉選手も相手のヘッドやこぼれ球を慎重に処理し、勝ち点1を確保した。

 永冨選手の負傷で感情的になっていたため「なんとか永冨選手に勝ち点3を」と願っていたが、しっかり引き分ける策をとった選手、首脳陣は冷静だったし、それでよかったと思う。全体を通せば、勝てる試合だったとは思う。決定機のどれか一つでも、というところだが、これは水物だし仕方がない。ただ気になったのは中盤の攻守だ。攻撃では、パスのずれや、受け手の動き出しの遅さなどでのノッキングから奪われるシーンが多かったと感じた。三重が動きながら受けてそのまま仕掛けるスタイルだったため、余計にそう思ったのだろう。関口選手投入後は、関口選手も同じようなことができるため、かなりよくなったと思う。守備では、囲んで体を入れても、その瞬間、少し動きを止めてしまうため、せっかく寄せているのにあっさり奪い返され、勿体ない印象を受けた。こういう細かいプレーは、Hondaやソニーであればもっと洗練されている。このあたりも今年の苦戦の要因のひとつかな、と感じるところだ。

 しかしこの試合は永冨選手に尽きる。三重サポーターの方々もコールしていただいたし、自分も涙が出そうになりながらコールさせてもらった。しかし、こんな悲しいコールはしたくなかった。どうか少しでも軽傷であってほしい。少しでもはやく快復してほしい。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード