関西リーグ

 アクセスしやすい西京極で関西リーグがあり、かつ時間もあったので出かけてみた。2部のラランジャVSディアブロッサ目当てで足を運んだが、着いたら1部のアルテリーヴォVSレイジェンドの最終盤で、2試合開催だったと知った。

 レイジェンドの試合に関しては、それまでのスコアや暑さなどからか、アルテが一方的に押し込んでいて、レイジェンドは完全に足が止まっていた印象を受けた。ボールを奪っても、吉田選手以外に前へ出る推進力がないように見えた。まあ2年前の天皇杯で感じたが、アルテは普通に強いので仕方なし、だろう。2部降格もあり得る状況のようだが、まだ試合は残っているのでどうなることか。

 ラランジャのゲームは、ほぼ2バックでサイドに人を張らせ、ショートパスで攻め込むラランジャが、終始主導権を握っていた。ディアブロッサは見事なミドル2本でうち1本が決まったが、裏を返せばそれくらいしか得点機はなかった印象だ。ラランジャは、サイドと中のパスの出し入れのリズムが素晴らしく、2-1のスコアだったが5点とってもおかしくない出来映えだったと感じた。

 地域リーグ観戦は久しぶりなので、応援なども気になったが、アルテは結構な数の声出し応援団で、レイジェンドはほぼなし。ラランジャ、ディアはそれぞれ1、2人、というところか。と書いたが、別に声出しサポーターの人数の多寡が大事なのではなく、それぞれに懸命に応援されておられて「いい感じ」だった。
 またラランジャはスクールのお子さん、保護者が多数来場していた。試合直前の緊迫したアップやHTの出入り時に、最前列から子供たちが「コーチ今日でえへんの?」「えっコーチってキーパーちゃうかったん?」と無邪気に声をかけ、選手も「おれキーパーちゃうわ」などと応えている光景はなかなか新鮮だった。
 Jはもちろん、JFLでもなかなかこうはいかないだろうし、できる雰囲気ではないだろうが、地域リーグならこれもあり。むしろこういうムードこそ「地域密着」には大切なのかな、と感じた。いつも教えてもらっているコーチのお兄ちゃんのプレーに熱狂して、声援を送って、という姿は応援の原点ともいえる。声出しがどう、サポーターの人数がどう、というよりも大事なものを感じたし、こういう光景が広がっていけば、サッカーは本当に地域に、日本に根付くんじゃないかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード