vs八戸

 0-0で勝ち点1積み上げ

 ネット中継でチラチラと見ることができた。画像の飛び具合が目に厳しく、細かいところはよく分からなかったが、八戸の執拗な攻撃に耐え、反撃の痕もしっかり残せた印象だ。タイプは違うが、後期初戦のHonda戦に似ているとも感じた。あわや、というシーンが何度かあったが、永富選手と両CB陣がしっかり体に当てて防いでいた。後半にMIOも好機はあったが、決定機は八戸が多かったので無失点で勝ち点1をとれたことは上々だといえる。前期ならば落としていたかもしれない試合だったといえるが、やはりCBがあれだけ強固に守れると、強豪相手でもそうやすやすとゴールを割らせることはなく、勝ち点確保につながってくることを再認識できた。
 この試合は馬場選手が中盤に入ることで、ボール回しも少し余裕を持てたように見えた。昨シーズンの序盤を思い出すようなシーンもあり、カウンターと遅攻を試合展開に合わせて使い分けられるようになってきたのではないか。
 攻撃陣に関しても、SBの攻撃参加を中心に、崩しの精度向上が定着してきた印象だ。八戸の守備陣も堅固だったのでゴールを割れなかったのは残念だが、手応えはあるように思う。あえて言えば、クロスの正確性アップだろうか。

 兎にも角にも、上位相手にこういう試合をして勝ち点1確保、という結果は今後に効いてくるはず。これからの試合もまだまだ楽しみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード