FC2ブログ

金庸は喪失の物語

 武侠映画を入り口に金庸にハマったのはもう15年以上前か。「書剣恩仇録」を皮切りに刊行順に手を出し、古本屋を回って全巻入手し、割に早く読み終えた。なんと言っても武術の達人、英雄好漢が次々に繰り出す絶技、大陸を所狭しと駆け回る冒険行、義理と人情、宿縁と恋情の狭間を行き来する登場人物たちの魅力がこの上ない。
 武侠モノの最高峰であると同時に、折りに触れて読み返すにつれ「喪失の魅力」を備えた物語でもあると感じるようになった。「天龍八部」では喬峯は愛する人を失い、段誉は両親を失い、虚竹は両親を知った日に両親を亡くし、慕容復は祖国再建の夢を失う。「笑傲江湖」の令狐沖は、初恋の人も兄弟弟子も育った門派ごとなくなってしまうし、「射雕英雄伝」の郭靖も父母、師匠たちを亡くし、英雄となっても結局国に殉じていく。「神雕侠呂」の楊過と小龍女も、一度は互いを失っており、「倚天屠龍記」の張無忌は最後の最後に仲間を失う。「飛狐外伝」や「雪山飛狐」はいうまでもないし「侠客行」のラストは悲しすぎるほどである。何も失わずに終わるのが絶筆の「鹿鼎記」なのは、喪失の物語ばかり書き続けてきた金庸の意図なのだろうか、と勘ぐってしまうほどだ。
 強さを極め、門派を立ち上げ、何かとうるさい世間でまっすぐな、あるいは軽妙な生き方を貫く主人公たちは、何かを失った悲しみと諦念を抱えて、歩んでいく。その喪失が「正道」を進みながらも人の世の浮き沈みに対する静かな視線を、主人公たちに獲得させていくのだろう。基本的にエンタメなのだが、全作を読むと、そこには激動の現代史を生きてきた金庸の人生観も反映されているのかな、と考えてしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード