vs大分(中止)

 前半30分で雷により中断→中止
   宮市
斉藤 中村 原口
  小山嘉茂
久保田馬場大杉稲垣
   石原

 強風だったこともあるのか、開始後から長めのボールをライン裏に出していく。次第にサイドも使いながら好機を作り始め、10分過ぎには前線で奪った宮市選手がライン裏に飛び出した中村選手に絶妙なスルーパスを届け、GKと1対1に持ち込んだがシュートはブロックされた。右サイドは原口選手と稲垣選手のコンビで割に崩せた印象で、優位を保つがクロスがずれるなどもったいない場面も散見、原口選手のミドルシュートもポストをたたき、ゴールとはならなかった。
 守備の方は寄せが一つずつ遅れたところを狙われて一度決定機を作られたがシュートが枠を外れてなんとか助かった。
 優勢を保ちながらも「さあここをつなげば」というところでミスが出るなど、HONDA戦の小気味よさはあまり見られず、相手につきあうような格好になっていたところで雷鳴により中断、そのまま中止となった。
 
 開始後の暑さもあったのだろうが、少々もったりした入りで、よくも悪くも相手に合わせてしまった感を受けた。30分での中止なのでなんともいえないが、前回よかった選手たちを変えたことで影響がでたりはしなかったのだろうか。せっかくサイドをモノにしてもクロスが3本ともラインを割ってしまうなど、攻勢をかけながら点を奪えないことで、いやな思いも頭をかすめた。やはりこういったところをうまくしないと勝ち点は重ねていけないし、前期の苦しみを繰り返さないようにしてほしい。
 ただ、この数戦で見えてきた、稲垣選手を起点にしての崩しや宮市選手のフィット感など、よい材料もたくさんあった。再試合はどうなるのか分からないが、次はもっとよくなることを期待したい。
 
 この日は柳澤選手から引退の挨拶。スーツ姿もかっこよい柳澤選手であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード