「サッカー『しか』」への違和感

  どうしても気になったので考えをまとめておきたい。

 何日か前、サッカーしかやらない子はどうなるのか?との記事に触れ、話題になっていることを知った。「小さい頃はいろんなスポーツに触れたほうがいい」という結論には賛成だ。野球でもバスケでもテニスでもいろいろやったほうが、その子がいずれメーンにしたい競技に生きてくると思う。
 
 ただ記事自体にはいくつか違和感を覚えた。誤認があるとおもわれる野球とサッカーの体格の比較、極端な事例の一般化(サッカーしかやってない子は腕立てができない→サッカーしかやってなくてもできる子はできるし、個人の体格、発育差の問題もある、よその国の子はどうなの?などなど)、そもそも小学校の体育授業がないかのような前提(年間通したら結構な時間が確保されているし、水泳や跳び箱、鉄棒などいろいろやるはず)などがざっとしたところだが、最も強い違和感があったのは「サッカースクールではフィジカルや基礎運動をしない」という旨を核とした部分だ。記事のタイトルとつながってきて、筆者の問題提起の具体例としたい部分とおもわれる。
 
 これは一見その通りだと感じる人は多いだろうし、私もうなずくところでもある。スクールなりなんなりで、基礎運動やフィジカル部分をうまく取り入れるといいな(そもそもやっているところはやっているだろうが)、と思う。ではなにが気になるかというと、「ではどうしたらいいか」という筆者の提起がないに等しいため、「サッカー教室の運動指導がなっていない」という印象で終わってしまっているところだ。これが筆者の狙いなのかどうかは不明だが、「サッカー教室やその指導者」をあげつらって終わっていいのだろうか。

 いろんなスポーツを、という趣旨には賛同するし、サッカー教室で取り入れられれば理想的とは思う(繰り返すがやっているところはもうやっている)が、そもそも「サッカー教室」が全部しょい込まなければならない話なのだろうか。当たり前だけれど、「サッカースクール、クラブ」はたいていの場合、サッカー指導者がやっているし、サッカーをやるために通っている場所だ。筆者に倣って極端な例えを出せば、「英語教室に算数の計算能力アップの指導を求める」ようなものだ。勉強の場合でも、どの科目でも基礎的な計算力や国語力は不可欠だが、「英語教室に、英会話教師にそれを求めちゃう?」ということだ。もちろんできれば理想なのだが、できないからといって英語教室に責任転嫁する親も子もいないだろう。サッカースクールも同じことで、よりできれば理想だけれど、できないからと言って必要以上にあげつらわれるのはどうかと感じる。他競技の指導者も抱えたり、サッカー指導者に研修させるとなると、確実に負担は増える。
 もう一つ言えば、これはスクールと親なり子なりの選択で、おすすめはしないが、特性を打ち出すために「サッカー特化」をあえて選択することがあってもおかしくはない。「僕はサッカーだけ、がやりたいんだ」という子がいてもいいし、「サッカーだけを教えたいんだ」というスクールがあっても、それはその人たちの選択である。むろん、「ほかのスポーツもしたほうがいいよ」というコンセンサスは広まってほしいが、日本は筆者がベースにしているという共産主義国家下でのスポーツ理論に基づいた社会ではないのだから、それもありといえばあり、だ。スポーツは楽しみ、自発的なもの、とするなら「複数競技による効率的な育成」に背を向けるのも、極論すれば一つの帰結ではある。

 と違和感を書き連ねてきたが、「ほかのスポーツもしたほうが」という筆者の趣旨には、何度も繰り返すが私も賛同する。いくつかの違和感を除けば、問題提起としてはよいと思う。ではどうやって実現していくのか、だ。サッカーに限らず、野球なり水泳なり各クラブが自発的に別競技の体験を取り入れる、というのは理想的だが、ほっといてそうなるかというと心もとない。筆者もまさかネット記事で提唱してすべて変わるとは思っていまい。
 保護者や大人がそういうコンセンサスをもって、複数スポーツに通わせるなりなんなりする、というのも「そうする家庭はするし、しない家庭はしない」で終わるだろう。そもそも外遊びが難しくなっている地域が増えているご時世、単一種競技だろうが体を動かしているだけマシともいえる。
 個人的には学校体育の充実(すでに外部指導者導入などの動きもあるが)が、予算的にも網羅的にも一番いいんではないかと感じるが、これも運動が得意なこと興味もない子(運動に興味がないのは決して悪いことではない)も一緒のステージですることになるので、物足りなさはでてくるだろう。
 
 当然私も具体策を出せているわけではないのだが、それにしても「日本の現場の指導者は未熟で間違った知識と理論でやっているらしい」と、単にあげつらうような姿勢だけは絶対にとるまい、と思う。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード