VS 奈良クラブ

2-2で連敗は停止

    久保
関口 中村 原口
   小山嘉茂
瓜生門司馬場 金
     石原

 GKを替える、金選手起用など結構な変更をして臨んだ。奈良クラブがわりに前から来るため、DFから長めのボールを入れる展開でスタート。中盤ではテクニックに優れた奈良の選手に持たれるが、DFラインで奪って前につけると、奈良SBの裏をつける格好になった。左からは関口選手が、右からは原口選手あたりが金選手をうまく使って突破、幾度かゴール前に鋭いクロスを送ることができた。奈良はMIOが長いボールを入れる分、中盤で保持できる時間も多く、個人技術でMIOゴール前に迫ってくるが、DFラインが何度も跳ね返し、事なきを得る。
 決定機はMIOがやや多い印象で、前半終了間際に関口選手が決めて(よんどころない事情でここだけ見逃した)先制した。

 後半は奈良が一層激しく球際に寄せてくる展開で、小山選手あたりが奮闘するが中盤では結構拾われた印象。それでも15分ごろに相手DFが後ろ向きになったところを寄せていた嘉茂選手がかっさらい、GKをかわして久保選手に折り返し、追加点を挙げた。
 ここから奈良のボールへの圧力がさらに増した印象で、各選手が攻守とも猛々しく動き始め、MIOのDFが低い位置に張り付けられてしまうシーンが増えた。MIOのCKかなんかの崩れから奈良の選手が抜け出して持ち上がり、金選手をかわしてゴール、さらに猛攻をしかけ、PA内でのハンドを誘発、同点とした。ここからはお互いに好機をつくるも、GKの好守などで決勝点は許さず、ドローとなった。

 2点差を追いつかれてしまった試合だが、2点とったのは久方ぶりということと、一応勝ち点ありなのでそうがっくりでもない。奈良との相性もあるのだろうが、いきいきした攻撃が何度も見られたのも大きいのかもしれない。関口選手の前半のドリブルはこりゃちょっと手が付けらんないな、という出来栄えだったし、小山選手のミドルもよかった。2点先行したので、勝てた試合だったのかもしれないが、終わってみれば決定機は互角だったように思う。
 気になった点は、ゲーム展開もあったのだろが、中盤で拾われ過ぎちゃったかな、というところだ。奈良の選手がセカンドボールにかなり貪欲だったことと、この日の展開で前線とDFが空きがちだったせいもあると思うのだが、あそこをもう少しでも拾えればもっと楽に試合を進められるだろう。不動の小山選手が縦横無尽に動き回るのは、MIOのやり方の柱なのだろうから、小山選手の相方(斎藤選手だったり、原口選手だったり、嘉茂選手だったり試しているようにみえる)とのバランスでなんとかなるといいなあ、と素人ながらに感じる。まあここは狙いとするところとの裏表の面もあるので、単純にはいかないのだろう。
 もう一つは、1失点目、抜け出した相手にパスが渡る直前の場面。相手のシュート技術をほめるところでもあるが、パスが渡る前にMIOの選手が足を滑らせてしまって、結果いいパスが通ったように見えた。気になったのは足を滑らせた選手が悪い、ということではなく、こういう細かいところが結局のところ勝ち負けにつながっていくんだな、ということだ。矛盾するのだが、ミスしてもチャレンジはどんどんしてほしいし、しかしここぞ、というところではびしっと決めてほしい。
 
 なかなか勝ち星はないが、なんだかんだいっても大敗したゲームはそうない。攻守ともに躍動感も出てきた。一ついいほうに転がれば、と信じている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード