VS Honda

0-2で敗戦した流経戦はもちろん見に行けなかった&ちょっと私事で大変だったのですっとばして

1-6で負けるも5試合ぶり?の得点

    斎藤堀川
坂本        征矢
    原口小山
久保田門司馬場佐々木
      永富
みたいな感じではないか

  序盤よりテンポよくボールを保持するhondaの前に下がる展開を余儀なくされ、ボールを追い回す展開に。最初のほうは割に前からいっていたように思えたが、下げさせられたのか、意図的に下がったのか、すぐに中盤以下で待ち受ける構えにシフトした。とは言え相手はhonda、門司選手が長い手足を使って巧みに守ったり、人数をかけて壁を築いてしのぎ、奪ってもすぐに圧力をかけられ思うようにつながせてくれない。しかし、つなげた時は手際よく、ライン裏に好パスを配球できたのがこの日の大きなポイントだった。征矢、坂本選手あたりがサイドでボールを収めることができると、守備のリズムがよくなり、中盤とDFの間でボールを奪えるケースが増えてきた。こうなると攻撃も回数は多くないながらも活性化しはじめ、坂本選手がバー直撃のシュートなど2度ほど決定機を迎えた。佐々木、久保田選手の出足もよく、サイドからの攻めが目立ち、CKもかなり獲得、反対にhondaに決定機をほとんど与えなかった。「これはいい感じ」と手ごたえが出てきた前半終了間際、攻め込んだ右サイドで奪われたボールをあっという間につながれ、右サイドからの折り返しで失点し、前半をおえた。

  後半開始後も守備のリズム、攻撃のリズムともよい具合にスタートできた。ところが15分ごろにまたも正確無比かつ疾風のhondaのつなぎでサイドから攻略を許して失点すると、立て続けに点を失ってしまう。MIOの攻撃も悪いわけではないが、決定機までは至らないところ、交代で入った関口選手が左サイドをいきなり突破して試合をうごかすと、直後に、左サイドでつながったボールを叩き込んでようやくの得点を果たした。
  その後も攻め続けるが、前に重心を置いた分、hondaの速攻の餌食となり、6失点で試合を終えた。

  毎年繰り返している大敗だ。しかし、今回はまたか、という気分にはならなかった。前半の失点まではここ数年のHonda戦では圧倒的に素晴らしい出来だった。あの守備陣形とタイミングが意図したものなのかは分からないが、考えうる限り最上のやり方だったと思う。また攻撃も久々にゴールのにおいが濃厚に漂ってくるパスであり、突破であった。征矢選手は右サイドでいい動きをしていたし、坂本選手も守備であれだけ頑張って、攻撃でも決定機を生み出した。ゴールに迷わず向かう関口選手も見事だった。ということで、結構収穫はあったのではないか。
  もちろん、Hondaの攻撃が素晴らしすぎるとはいえ、我慢比べでまけたり、畳みかけられたり、前重心の後ろをつかれる失点をなくしたり、少なくしないと勝ち点にはつながらない。仕掛けや崩しも、やはりHondaの選手のほうが技術も高く、判断も速かった。内容がよくても結果は1-6で変わらない。試合を見ていない人には「また大敗したのか」という印象しかないだろうし、これまでのMIOの歩みや選手をよく知っている人ばかりでもなく、やはり負けは痛い。
  それでも、この日のピッチで内容がよかったのは事実だし、負けたゲームだけど内容があった、ということは決して小さくないことは心に刻んでおきたい。私事でさんざんなGW(というほど休みもなかったが)の最終日がこの試合ということになったが、不思議と心は明るく、足取りは軽かった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード