VS FC大阪

IMG_2577.jpg
0-0で4試合無得点ながら連敗ストップ

   堀川斎藤
原口      坂本
   斎藤小山
瓜生門司馬場佐々木
     永富

 開始から、昨年に比べればボールを保持しようとする大阪、中盤で厳しく寄せに行くMIOという構図でゲームが進む。MIOはボールの奪いどころを相手DFラインではなく、中盤に設定した印象で、ここで激しく寄せ奪うことに成功し始める。原口選手が先発に戻ってきたことで、奪いどころや奪った後のつなぎが円滑になり、両SBも果敢に攻撃にからみ、速攻を繰り出すシーンも見られた。
 大阪は、昨年ほどの一気呵成の速攻はあまり見られなかったが、圧力はさすがでつながれるとゴール前に押し込まれはじめた。それでも、門司選手が長い足を生かしてくさびのボールをはじくなど、DFラインが奮闘をみせ、最後の一線は割らせない。大阪の攻撃がペースダウンすると、再びボールを奪い始め、前半を終えた。

 後半も同じようなペースでゲームを進められたところで、上空がにわかに掻き曇り、冷たい風が吹き始めると雷にそなえ、試合は中断。1時間半を経て再開した。
 再開後は前半にましていいリズムでボールを奪い、運び、やや優位に進める。瓜生選手と佐々木選手の攻撃参加も素晴らしく、ゴール前に迫るが、こちらも最後の一線は割れない。両チームとも運動量が落ち始める時間帯になると、大阪が中盤を制圧、MIOは自陣にくぎ付けにされる。決定的なシュートを3度ほど放たれるが、永富選手がファインセーブをみせるなど、守備陣が踏ん張り続けた。猛攻をしのぐと、猛反撃に出るが、こちらもゴールを割れずにゲームを終えた。

  勝てはしなかったが、これまで全敗していた大阪相手に勝ち点を取れ、内容でも渡り合えていたのは大きな収穫だ。選手たちは自信をもってくれるだろう。原口選手の復帰は大きいのはもちろん、斎藤正選手や小山選手、坂本選手も整理された動きでプレスをかけていた印象だ。またびっくりしたのは門司選手のCB。いい印象を抱いていた恩田選手がなんでベンチ?と思っていたが、しっかりはじく動き、体の寄せ方は見事だったし、足元の技術やフィードはさすがだった。CBで固定されるのどうかわからないが、恩田選手とともに強力な選手層を構成してくれそう。それはSBにも言えて、瓜生選手は見るごとに持ち味を発揮している印象だし、初めてみた佐々木選手もいい動きをしていていた。今後がより楽しみだ。

  この日は突然の雷雨で長きの中断となったが、芝生席にいたのに一滴も雨に打たれることはなかった。うまく上がってくれた天候もあるが、運営の絶妙な判断と、倉庫などを避難場所として提供していただいた厚意のたまものだ。関係者の皆様に感謝したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード