次は八戸戦

  天皇杯県予選が終わったら次はリーグ戦。五分の星になったところで相手は好調八戸、しかもアウエーとなかなかの試練を迎える。今季一回目のヤマ場、といったところか。村上選手が今年も得点を重ねているのはうれしいが、対戦するとなると脅威以外何物でもない。
  MIOとしては当然今までのやり方を継続していくのだろう。となると、やはり個々のプレーの精度を高めていく、判断を含めたプレースピードを上げていくことに尽きると思うので、選手たちは大変だろうけれど突き詰めて頑張ってほしい。また、決まり事、コンセプトは当然あるとしても、局面によってはもっと個人で大胆に仕掛けてくれてもよいと思う。上位を狙うには、グループ戦術だけでは難しい部分があると思うし、個人でもやれる選手がそろっているはずなので、バランスを取りつつも大胆なプレーも求めたいところだ。事情や戦術もわからずに勝手なことを言えば、関口選手をFWの位置で起用してくれないかなーと願っている。

  今のところ、新加入選手については恩田選手がしっかり計算立ちそうなのと、堀川選手の動きの良さが印象的だ。堀川選手は1試合しか見れていないが、十分に経験を積んだ選手の動きで、先発でもまったくおかしくないな、と頼もしく感じた。恩田選手は若い割には落ち着いた印象で、大杉選手あたりから一対一の寄せ方などを盗めば、かなりのCBになれるのでは、と感じた。
 瓜生選手も当然良いのだが、かつての山田選手のルーキーイヤー前期と同様、能力の高さと比較して遠慮がちなところが目につくように感じた。山田選手もはじめは少し遠慮したようなプレーが多かったが、ガイナーレ戦でPA内に強引に割って入るプレーで得点につなげてから本来の能力が十全に発揮された印象がある。瓜生選手もクロスが素晴らしいと感じるので、もっともっといいところが出てくると期待している。

  ソニー戦、びわ大戦でやや心配だった点があるとすれば小山選手。決して小山選手のプレーが悪いということではない。小山選手が豊富な運動量でボールに寄せていく、インターセプトやハントして攻撃にリンクされる、というのが守備の肝の一つなのだと思うが、小山選手とてすべてのボールへのアタックが成功するわけではない。アタックが外れてしまったときのバランスのとり方で苦慮しているように映った。ここはチーム全体で修正していくべきところなのだろう。
  またいわゆる「パッサー」がいないのもちょっと気になった。パス出しに特化している必要はないし、チームのやり方もあるので一概には言えない。びわ大戦を見ていると嘉茂選手あたりがその役割を担っていくのかもしれないが、久保選手や斎藤選手を生かすには短中距離でのスルーパスも欠かせないと思う。かつてSAGAWAには山根選手というリーグを代表するパッサーがいたので、嘉茂選手も山根選手のような存在感を発揮できる選手になってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード