17年滋賀FA杯決勝 VSびわこ成蹊スポーツ大

0-1で3連覇ならず。

     斎藤久保
久保田       坂本
     嘉茂小山
  瓜生馬場恩田稲垣
       永富    みたいな感じではなかったか。

 出だしこそ速いプレスで相手DFを戸惑わせ、前から奪う球際の強さを見せる。しかし取り切れない展開が続くと、びわ大のスピード感豊かな速攻に手を焼き始めた。切れのあるカットインやFWへの縦パスを、寄せてはいるものの止められず、簡単に前を向かれてきわどいシュートを3度ほど放たれてしまう。それでも社会人らしい体の巧みな使い方を生かしてサイドでボールを保持。特に斎藤選手と久保田選手、瓜生選手の左サイドから切り崩しにかかり、そこから右に展開しての稲垣選手のおしいミドルなどで盛り返しにかかった。
 ところが、左サイドでの細かいパス交換が幾度も引っかかったり、息が合わなかったりしてリズムを失いだす。そうなると前線への長いボールに切り替えてもチャンスにはならず、はじかれたボールに寄せても奪いきれず、逆襲を食らう場面が出始める。FWと中盤以下の距離が空きはじめた30分ごろ、MIOの中盤以下が守備のため右サイドに一斉に寄ったところをきれいにサイドチェンジされ、相手右サイドが楽々フリーで鋭いボールを送り込むと、頭であわされ、先制されてしまう。
 再度盛り返しにかかるも、距離感の悪さを引きずったままで前半を終えた。

 後半すぐに原口選手を坂本選手に変えて投入。すると原口選手がワイドに開いた位置に構えてボールを受け、的確なパスとドリブルを使い分けて切り崩し始める。守備面でも効果的なポジショニングでリズムを取り返し、攻勢にでるが決定的なシュートまでは至らない。前に重心をかけた分、鋭いカウンターも何度かくらい、永富選手や恩田選手の好守で2失点目をなんとか防いだ。堀川選手らを投入、馬場選手を前線に挙げる布陣でゴール前に迫り、決定機も作ったが、決めきれず、タイムアップとなった。

 びわ大の前線はいずれも切れのある選手がそろっていた。もう2失点ほどしていてもおかしくなかったかもしれない。しかしそれを差し置いても「自滅」の感もある試合だった。ソニー戦の時もそうだったが、寄せに行くけれど奪いきれない、寄せてはじいたボールが相手にわたってしまう場面が頻発していたし、サイドで細かく回して成功するときもあるが手数をかけ過ぎた結果、相手に引っかかったり、ミスして、みすみす好機を逸する、好機を作れないシーンも多かった。中央も相手DFの数が多かったが、シンプルにシュートしたり、仕掛けたりする場面がもっとあってもよかったと思った。あまり上背のないFW陣だったので、ロングボール一本はキツイものがあったし、特に前半はシュート自体が少なかったのではないか。 後半に入り、原口選手が入ってかなり改善されたが、前半のうちに修正したいところだった。
 また、前半に先制される毎年の悪癖は今年も治らなかったのは残念だ。学生さんを軽く見ているわけではもちろんないだろうが、こうも毎年繰り返すと「またか」という気になってしまう。やはりこの日のように決定機自体を多く作れず、最後の精度も欠いてしまうとこうなってしまうので、先に失点するのは何とか回避してほしい。

 まあ負けたものは仕方ないので、はっきり浮かんだ課題を修正してリーグに切り替えてほしい。原口選手はさすがの働きだったし、恩田選手も頼もしかった(カウンターのシュートタイミングを見極めてのタックルは素晴らしかった)。瓜生選手も鋭いクロスを連発できていた。リーグにも生きてくると信じている。

 負けたのは残念で悔しいが、びわ大には滋賀代表として本大会で勝ち進んでほしい。攻撃の鋭さは十分通用すると思うので、大会を沸かせる躍進を願っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード