VSソニー仙台

IMG_2466.jpg
  0-3で連敗。


     久保
斎藤達       坂本
   斎藤正中村
      小山
久保田馬場大杉稲垣
     永富

こんなかんじだったか。

  序盤からソニーの正確無比なボールコントロールに食らいつくMIO、ソニーも球際を厳しく寄せる「インテンシティの高い」展開に。MIOは坂本選手、斎藤達選手が普段以上に低い位置もケアする動きをみせ、ハーフ陣とともにボールを囲みに行く。さすがのソニーからもボールを奪えるシーンが続出、左右サイドのきれいな崩しも幾度か出て、やや優位にたてるか、といったところで坂本選手だったか、決定的なヘッドを放つが、GKの好守にあい、防がれる。
  時間の経過とともに、ソニーがより正確に回せるようになり、MIOが防戦を強いられる展開に移り始めた。ソニーはロングボールを頭ではじいた場合でもきっちり味方選手につながるなど、プレーの正確性に加え選手間の距離が抜群によく、さらにはプレー判断が相当に速いため、後手を踏まされ続けた。それでも中盤でしっかり食らいついているため、最終ラインで破たんを来さず守ることができていた。いきおい、球際のプレーが厳しくなる中、30分ごろに大杉選手が頭を打ち、脳震盪だっただろうか、交代を余儀なくされた。奇妙に時間が空いた後のCKを相手FWにきれいに合わせられ、先制を許した。
 テンポが出てきたソニーに対し、MIOは押し込まれたことで前線との距離が開き、攻撃がロングボールに寄ってしまったまま前半を終えた。
 
  後半は、前半の最後らへんの反省からか、開始直後から左サイドを中心に小山選手、久保田選手、斎藤達選手が絡んでの崩しを見せ、ソニーゴール前に圧力をかけ始める。斎藤達選手が決定的なシュートを放つが左にそれてしまうと、運動量の低下ともに攻撃もトーンダウン、ソニーにボールを持たれ始め、2点目を許してしまう。攻撃の形も、引き気味のソニーに対して最終ラインで回して、久保選手の抜け出しを狙おうとする形に偏重しはじめ、有効打を放てない。久保田選手や稲垣選手が幾度かいい形で抜け出すが、今度はクロスがラインを割るなどチグハグさも出始めた。前に重心をかけざるを得ないMIOに対し、空いたスペースを使えるソニーのカウンター攻撃からのクロス処理でオウンゴールを献上、3失点を喫して万事休した。

  3失点ということで選手たちはかなりがっくりしていたように見えた。ソニーは選手のフィジカルの強さ、ボール扱いの正確さ。パススピードの速さ、判断の良さなど、さすがの出来栄えだった。しかしMIOも前後半とも、途中まではしっかり渡り合えていたのも事実だった。両チーム通じて最初の決定機をものにしていれば、後半の決定機を決めていればどう転んでもおかしくないゲームでもあった。昨季のホーム戦に比べたら全然やり合えていたと感じたし、MIOの良さも出せていた。後手を踏まされ続けてもしっかり相手について、CB陣が最後で踏ん張れる場面も多かった。なので選手たちはそない下を向くことはないと思う。
  素人目線では、小山選手あたりから坂本選手や斎藤選手あたりにつけたあとのパスの正確性や展開の速さがもっと良くなると、どんな相手でもズバスバ崩せるようになるのかな、と思った。相手もあることなのでそう簡単なことではないと承知しているが、上を目指す、ということなので、そのあたりのさらなる向上も期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード