Jへの視界

 JFL開幕直前恒例の監督会議。ネットで確認すると、中口監督から「19年J3を目指して3カ年計画をJに提出、今年は4位以上を狙う」との旨のコメントがあった。監督さんがこういう場で口にするということは、正式に動いていると考えていいはず。具体的なスケジュールが出てきたことはこれまでにはなかったはずで、画期的といっていい。もちろん、スケジュールを立てたからと言って承認手続きや順位がその通りに行くとは限らないが、こういった話が出てくること自体、MIOだけでなく、滋賀のサッカー界にとっても大きな一歩といえる。
 
 加盟条件をよく理解しているわけではないが、順位や資金面はいったん脇に置いて、自分としてはスタジアムはどうするんだろうな、というのが今のところの率直な疑問点だ。彦根で改修予定のスタジアムは19年には間に合わなかったと思うし、布引とか水口では不可なんではなかったか(増改築計画があるのなら話は変わってくるだろうが)。ひょっとして皇子山ならいけるのかもしれないが。まあ、19年に間に合わなかったとしても、自治体の保証なりが付いた計画を持っておけばクリアできるのかもしれない。近い将来、湖南地域に専用球技場ができるとは思えない(大津の競輪場跡地でなんとかならないかとは思うが)ので、皇子山や布引などの改修か、彦根の国体スタジアムということを念頭においている、と考えるのが普通の受け取り方だと思う。
 
 この前提(正しくはないだろうが)を踏まえれば、自分としては布引が皇子山がありがたい。アクセスは断然皇子山なのだが、東近江市はいろいろとMIOに良くしてくれている印象があるので、布引でJの試合をすることで恩返しというか、貢献できればなという思いがある。まあ一か所に限定せず、彦根なんかもふくめて県内を巡回してくスタイルでもいいのかもしれないが、国体予算で四苦八苦している現状をみると、そこまで期待するのは酷だろう。

 スタジアムや資金面などをクリアしたとしても、順位条件を満たすのも簡単ではないし、観客動員条件も超えなければならない。強さ=観客数ではないが、ある程度の相関関係はある。勝っても負けても応援してもらえるチームになりたいものだが、「優勝できそう」と「いつも下位」では興味を持つ度合いが違ってくるのは人情だろう。監督さんも今季目標として「4位以上」を掲げている。力みすぎるのもよくないかもだが、具体的なスケジュールが出てきた以上、順位、観客動員ともに大きく飛躍するシーズンにしたいし、そこを目指していくチーム、選手たちを精一杯応援したい。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード