洋書始めてはや…

  いい歳して洋書(英語)に手を出して6年ちかく。読みこなせている自信はないが、生活の一部になってきた。まったく読まない日があると気分よく一日を終えられないので、自分なりになじんできたといっていいと思う。

  高校時代の英語は赤点乱発、英作文と発音を半ば放棄して大学受験をなんとかクリアできた程度に語学力は壊滅的。なのに身の程知らずに洋書を読み始めた理由は2つ。一つはもちろん、読んでみたいから。
  若いころから外国文学はそれなりに読んできた。その中でやはりフィッツジェラルドに惹かれたのが大きい(ドストエフスキーとかゴーリキー、トマスマンなども原書で読んでみたいのだが、英語ですら厳しいのロシア語、ドイツ語はちょっと手を出そうという気にはならない)。何度も繰り返し読んでいるうちに「元の文章はどんな感じなのだろう?」と思うようになるのは、自然なことだった。また、以前から日本の作家の作品が海外訳される、という話を聞くたびに、例えば夏目漱石の「明暗」だったと思うけど「『馬鹿かな、それとも利口かな』を『stupid or clever』みたいな感じで表記したところで、英語で置き換えているだけで、日本語の『馬鹿』と『Stupid』の意味合いはやはり少しずれるだろうし、字面や言葉の響きもふくめた味わいが伝わるものなのかな?」と素朴な疑問を抱いていた。
  それは当然自分が日本語訳で読んでいた外国文学にもいえることだ。優秀な翻訳者の方々が手がけているので、ニュアンスや味わいを外すことはないだろうし、そもそも翻訳していただかないと触れる機会さえないのだから、不遜な疑問ではあるのだが、やはり自分なりに原書にあたってみたい」という欲が出てくるのは抑えがたかった。
  二つ目の理由は、増殖し続ける本をなんとかしないといけないから。
  若いころから読み続け、本は手元に置いていきたい性分。作品や難解さによるが、休日ならば1日複数冊を読み終える、という日もあった。「ちょっとこれはな」という本を手放し、気に入った本を泣く泣く処分しても増え続ける本棚ももう限界。洋書ならば読書ペースがぐっと落ち、本の増加ペースを鈍化できる、と踏んで思い切って取り掛かることにした。

  試行錯誤したが、始める時に決めたことは大きく2つ。楽しむ、続けるために「間が空くと、語学的にも動機的にも読めなくなるので、1ページでもいいからできるだけ毎日読む」「フィッツジェラルドやカーヴァーの世界に触れたいのであって、英語力をアップさせたい(もちろんしたら嬉しい)のではないから、無理に訳さず、わからなくてもあせらない」ことを肝に銘じた。
とりあえず読み始め、最初のころは1日10ページ進むのがやっとだったが、慣れてくると数十ページはいけるようになった。日本語訳で読んでいた本もあるし、オースターのように洋書で初めて触れた作品もあり、再読もふくめれば30冊ほど読み終えたことになる。
 当然よくわからない言い回しや単語、文法は多々あるのだが、辞書を引くのは最小限度に抑えて「わかるとこだけわかればいい」のスタンスで突き進んでいる。根気のなさを「英語学習をしているのでない」という言い訳でもって、「This is a penはThis is a penであって『これはペンです』はあくまで日本語に訳した場合の表現」という論法を作り上げ、頭の中で無理に日本語に置き換えないようにもしている。ものによるが、一冊読むのに一カ月から半年というところだろう。英語学習的には間違っているのだろうし、作品をきちんと理解できているか(ストーリーはなんとかいけてる)と言われると怪しいものだ。ただ、日本語の作品でも、細かいところまできっちり読み込むのは簡単そうで案外難しいものなので、まいいか、ということにしている。理解できた部分でも、これまでに学んだ歴史なりなんなりの知識が役立っている部分も大きいので、英語の読解力がアップしているかどうかはやはり怪しいところだろう。

 それでも、背伸びして洋書を読み始めてよかったな、と感じる場ことは多々あった。フィッツジェラルドのキラキラした中に漂う寂しさに支配されたり、カーヴァーの短編に登場する人物の祈りに思わず引き込まれたり、オースターの幻想的な冒険世界にドキドキハラハラして時間を忘れる瞬間は「錯覚かもしれないが翻訳者の方の手を借りずに作品と向き合っている」至福の時以外何物でもないし、錯覚でもかまわない、と思えるほどである。邦訳で未読だったオースターも知ることができたし、未邦訳の米国視点での現代史モノは新鮮だった。表現も含め「読むという行為」に少し自覚的になれたのも思わぬ副産物だった。
 本の増殖もペース鈍化には成功した。それでも日本語本と読むペースが違いすぎるので、困難だろうが、いずれ洋書が本棚一竿分を占めるくらいにはしてみたいものだ。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード