年末年始のサッカー雑感

 年が明けてチームも始動しているようだが、望月選手退団のリリースのみ。毎年こんなペースなので今年も気長に待つとしよう。
 年末年始はなんやかんやであまりサッカーを観れなかった。テレビで高校サッカーを2試合ほど観たのみ。放送されていた試合がたまたまそうだったのかもしれないが、技術に加えて球際の寄せの速さ、激しさもアップしていた、と感じた。この年代のベースは確実にアップしているのは間違いないと思う。
 ハイレベルなサッカーに触れる機会が少なかった一方で、低学年のサッカー大会を2日ほどまるまる観る機会があった。フットサルサイズのコートで7対7、交代など自由という形式が標準的なものなのかどうかは分からなかったが、いろいろなチームを眺めていて楽しかった。
 コートが小さいのと低学年なのでどうしても団子サッカーになりがちだが、その中でもボールを足裏でコントロールしてキープ、突破できる子はいるし、周りをみてパスを出せる上手な子もいた。狙いすましたフリーキックを決めた子もいたし、大人顔負けのきれいなセービングを披露したGKもいた。自分が近所でたまに見ている範囲だけれども、近年の少年サッカーはどのチームもドリブル指導を重視している印象がある。指導者にもよるのだろうけれど、ドリブルの種類としては宇佐美選手なんかがやるような「ボールをなめる」系統のものが多いように思うし、この2日でもそうだった。
 試合で「ドリブルでいくな、空いてるとこにパスしろ」というような指導者の方もいたが「ドリブル推奨派」のほうがやはり多かった。こういったドリブルで突破できるのは、やはり運動神経のよさそうな、やんちゃそうな、足の速そうな子がほとんどで「うまいなー」と感心するとともに「みんな似ているな」(決して悪い意味ではなく)とも感じる。
 そういった子が卓抜なプレーで目立つ中で、たぶん苦手だったのだろうドリブルはほとんどしないのだけれど、存在感を放っている子がいた。結構なぽっちゃり体型で足が速いわけでもなく、プレー中の自己主張も控えめな「大人しい子」だった。ただ、「蹴るボールの質」「見ているところ」は明らかに異彩を放っていて、この年代では珍しくぴったりのサイドチェンジ、後ろから出すロングパスをほとんど決めていた。「こんな子もいるんだなー」とほほえましく見ていたら、驚いたことに、一度だけ最前線に顔を出してボールを受けた時、DFがすぐに詰めていたにも関わらず、GKの位置をよく見てロングループシュートをあっさり決めていた。相当難易度の高いプレーにもはしゃぐでなく、仲間の祝福に照れていたところがまたほほえましかった。
 この子のプレーがもちろん素晴らしかったのだけれど、試合を見ていてそれと同等に、このチームの指導者も褒められるべきだな、と思った。ほかのプレーヤーにもそうだったが「パスをしろ」とも、「もっとドリブルで行け」とも言わず、成功したプレーはほめ、失敗したプレーは咎めず、適切な助言を送っていた。流行りのプレーに流されるのではなく、一人一人の子をしっかりみて、楽しく、自分の良さがでるプレーができるように温かく構えてらっしゃる印象を受けた。
 低学年相手に怒声を飛ばすことしかしない指導者は論外としても、「育成年代ではまずドリブル」(間違いではないにしろ)と、ついつい型にはめがちなことろで、そうではないプレーをここまで伸ばす、というのは相当に懐の広さが求められるのではないか。「上達させてあげたい」というのは指導者の本能だしそれでいいのだが、個々のよさ、楽しさを生かしながら伸ばす、というのはいうほど簡単ではない。
 いろんなチームのコーチングなどを拝見できたが、改めて子ども相手の指導は、ある意味で大人相手以上に大変な仕事だと痛感したし、現場は本当にいろいろな模索をしている。メディアでは「育成に問題がある」と大上段に構える評論家も多く、以前はそうだな、とも思っていたが、こういった場に足を運ぶようになって本当に現場をみているのかな、と疑問に感じ始めている。問題提起は必要であるが、現場で子供たちに向き合って試行錯誤している指導者を支えていく評論も不可欠であろう、と感じた年末年始であった。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード