2016振り返り選手編①

  シーズン終わってはや1カ月。暇すぎる。
とりあえず登録どおりに

GK
永富選手    正守護神として大きな役割を果たした。序盤の神がかり的な好守はいうまでもなく、セーブ、飛び出しの安定感は一層増してきたように思う。フィードも一番初めの年に比べて相当向上していると感じた。

桑水流選手   落ち着いたたたずまいは今年も健在。永富選手が出られないときでも安心できる存在だった。

荻野選手    やはり大きな体格と身体能力が魅力的だった。ハイボールの安心感があり、守備範囲も広いように感じた。年齢も若いだけに退団は残念だが、今後に期待。

金城選手    見る機会がなかった。

DF
向井選手    1試合見ていると思う。上背はなさそうだけれど、競り合いに強かった印象。
濱田選手    序、中盤に結構出番あり。年齢を重ねたからだろうか、落ち着いた守備位置が印象的だった。一方でルーキーイヤーの暴れっぷりもまた見てみたい。

池永選手     開幕からレギュラーをつかみ、安定した守備で序盤の進撃に貢献した。けがなどで離脱し、終盤は出番が減った。がっちりした体格と落ち着いた対応で、ちょっと谷口選手を思い出した。退団となってしまったが、残って守備の軸になってほしかった、とちと残念。

桝田選手    CBとして終盤からの投入が多かったが、安定したプレーぶりが光った。加入時と比べると、ものすごく成長しているのがわかる。MIOを象徴する好選手であった。

大杉選手    屈強なフィジカルを武器にした守備で中盤以降ほぼレギュラーに。読みも鋭く見ていて安心できる場面が多かった。長く在籍していただきたいものだ。

泉選手     中盤から両サイド、終盤は左サイドでレギュラーを確保。身のこなしからセンスはあるのだろうな、と感じていたが、チーム戦術との相性もあったのか、最初は結構裏を取られがちだなー、と思っていた。しかし最終盤になると「これは外せないな」という攻守への貢献ぶり。つくづく引退が残念だ。

石間選手    開幕から右SBとして登場。堅い守備とケレンのないクロスが見事だっただけに、けがが残念。石間選手のケガがなければ、と今でも振り返るときがある。テレビ観戦だったが、天皇杯関学戦でのクロスも素晴らしいものだった。前にも書いたが、開幕戦の終盤、サポーター席に向かって煽ってくれた姿はうれしかった。

鈴木選手    出番は減ったが、出たら相変わらず頑張ったプレーをしてくれた。来季はもっと見たい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード