VS流通経済大D

1-2で連勝ストップ
FullSizeRender.jpg
    斎藤久保
中村        関口
    小山原口
泉  馬場大杉 稲垣
     永富      こんな感じで前線はわりに流動的か。

 入りは完全に流経ペース。強靭なフィジカルと技術、連携で、MIOのプレスを真っ向から受けて球際に勝ち、ボールを収め、奪われない、といった具合でMIOを圧倒して押し込み、セカンドも拾う。右サイドから侵入されるなどして、幾度かシュートまでもっていかれたが、MIOもしっかりあたりにいっているし、コースにも入っている守備なので、奪えないまでも得点は許さない。さらに奪えた時のボールのつなぎは素早くかつ精度が高く、相手に脅威を与える動きができていた。それが見事に結実したのが15分ごろ。中央PA前あたりでボールを奪うと、左サイドの泉選手がいいタイミングで上がり始め、そこにボールが出る。泉選手が一気に駆け上がり、斎藤選手、久保選手と電光石火の速さでつなぐカウンターのお手本のような形で先制した。この得点を機に、前からの守備で奪うと一気呵成にゴール前に殺到する攻撃が機能しはじめ、セカンドも拾え始める。左サイドで小山選手や泉選手が絡んでのパス交換もさえはじめ、久保選手の惜しいシュートなど、追加点も時間の問題、という展開になってきた。
 ただ、この時間帯を過ぎると、再び流経がキープする時間が増えた。小山選手あたりがしっかり体をぶつけたり、ボールに足を絡めているのに、相手の技術などの高さで奪えない展開が続くと、さすがに徐々にDFが下げられる。前半終了間際に、相手FWがPA内に入ってきたボールをがっちりキープし、DFを押し込んでから戻したボールを決められて追いつかれた。

 後半も流経は強いフィジカルを押し出してくるが、MIOもサイドを活性化させる。原口選手がサイドに顔を出してたびたびクロスを上げたり、泉選手が今季一番の出来で左サイドを幾度も切り崩すなど、サイドの攻防で優位に立てる局面が目立った。しかしいい形は作るものの、相手DFも屈強な選手でうまくシュートコースをふさがれ、決めきれない。
 時間の経過とともに、前線と守備ラインがすこし延びだすと、中盤でのセカンドが拾えず、主導権を握り切れなくなる。最終盤に入り、両チームとも中盤が空いて打ち合いっぽくなる展開の中、中央を抜け出そうとする相手を倒してPKを与えてしまい、万事休した。

 しっかりした力を持つ相手に最後は屈したゲームだったが、MIOのよいところは十分に出せたし、見ごたえのある充実した試合だったと思う。この日初めて見たお客さんでもサッカーの面白さを十分味わってもらえたのではないか。先制点のシーンは展開といい、速度といい無駄なプレーが一切なく、これが中口MIOの目指す点の取り方の一つ、といえるのではないか。今季ベストゴールの最有力候補といってもいいかもしれない、というくらい素晴らしかった。もちろんホーム最終戦を負けてしまい、来年まで生で勝利を見るのがお預け、というのは残念だが、こういう試合を積み重ねていけば、結果はそのうちついてくる、と確信できた一日だった。
 選手個々に関していうと、やはりこの日は泉選手が攻守に素晴らしかった。これまで泉選手のよさがあまりわかっていなかったが、この日のプレーで「納得」の一言。あと、細かい点で「おっ」と思ったのは稲垣選手の守り方だ。序盤は対面の相手に、稲垣選手も対面して奪いに行く守備に行って2度ほど交わされていたが、10分過ぎに、相手にくっついていって奪う守備に切り替えてサイドを破らせなかった。SBとしてもかなり頼もしい存在になってくれている。

 ファン感、引退選手のことはまた後日記そうと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード