原口元気選手

 昨日のイラク戦でも活躍してくれて、代表中核の位置も見えてきた。プレスバックのために駆け戻ってボール奪取に関与して、そこから休まず駆け上がってゴール前、しかもニアポジションに顔を出す献身性と運動量、高い意識が生み出したゴールといってよく、一連の流れは、ユース選手に見せてお手本にしてもいいくらいのものだと思う。その後も守備面では左サイドに蓋をし続け、攻撃面では好クロスやドリブルからのFK獲得など、原口選手らしさを出して躍動し続けてくれたと思う。
 原口選手の大ファンではあるが、組み立てへの参加なんかはあまり上手ではないな、とみているので左サイドからの仕掛けをチーム全体で有効に使えるように、原口選手もそのための動きをよりスムーズにできるようになるとかなりの武器になってくるはずだ。

 ロンドン五輪に出られなかったが、見渡せば同世代の五輪出場組で確固たる地位を築いているのは清武選手、両酒井くらいか。酒井高選手にしても五輪では重用されたとは言い難い。五輪信奉の強い日本では割をくっている感はあるが、注目され始めたのは今後の下の世代にとってもよいことだと思う。最近は海外組の不振もあってか「斎藤選手を呼べ」との声が結構あり、理解はできるが、ロンドン、ブラジルと斎藤選手と比較されて落選した、と感じているファンの立場からすると「まず海外で結果だしてからね」と思う。Jでの結果なら、ロンドン、ブラジル時も原口選手が上回っていたわけだし。

 原口選手びいきではあるが、出番が増えてきたのはハリル監督の指向するサッカーだから、という面も確かにあると思う。最近やっとわかりかけてきたような気がするが、縦に早くボールを出して「あとは2、3人、多くても4人くらいで手数かけずにシュートまで持ち込もう」というのがハリル監督のやろうとしていることだ。引いて守ってのカウンターとも、ボール保持からの崩しとも違い、一時期のドルトムントのサッカーとも異なる。うまく表現はできないが「中堅国のいいサッカー」なのだと感じる。割に当たり前のサッカーだとも思うが、振り返ると代表でこういうサッカーをやっていた時期はほとんどなかったように思う。ザック監督が一時期やろうとしていたけれど、いつの間にかなくなってしまったし。こういうサッカーだと、チャンス自体が増大するというわけではないので、アジア相手に大量点というわけにもいかない。ただ個人への比重をすこし重くしていく「中堅国の当たり前」のサッカーも身に着けておかないと、いつまでも「ポゼッションがカウンターか」の不毛な議論を繰り返すことになってしまうので、苦しい局面を迎えているのは確かだが、必要なことなのだと思うようになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード