VS東京武蔵野

 リーグ再開戦は0-0


   斎藤中村
関口      坂本
   原口小山
久保田馬場大杉稲垣
    永富
実際は中村選手が下がり目、坂本選手がもう少し中央よりか。

 開始直後から中盤でしっかり体を寄せに行くMIOだが、奪いきれないところで武蔵野の早い攻撃を何度かくらい、押し込められてボールを回されるなど、ペースを握られる。奪って左サイドからいい形をつくりかけるが、武蔵野の30番に斎藤選手や久保田選手がうまく抑えられ、チャンスには至らない。それでも武蔵野の攻撃を何とか防ぐと、坂本選手が少し中に入って中盤で受けて右サイドに展開する形で打開を図ると、左サイドではワイドに張り出した関口選手が得意のドリブルで仕掛け、あわやのシュートを放つなどペースを戻して前半を終えた。
 
 後半は坂本選手がより中でプレーするようになり、ここで一つ起点ができた、と見えた。これに中村選手や関口選手がからんで左サイドを切り崩し、右からは稲垣選手が上がって中にいいボールをつけるなどして、主導権を握った。武蔵野の速攻も小山選手や原口選手の懸命のディレイでしのぎ、坂本選手あたりがまたもあわやのシュートを放つが、GKの好守もあって決まらない。最終盤は馬場選手を前線にあげ、稲垣選手にボールが出れば、というプレーもあったがそのまま試合を終えた。

 勝利はならなかったが、ここのところずっと続いていた前半早々の失点がなかったこと、一度主導権を取られながら、しっかり取り返したこと、スピード感のある攻撃を見せられたことはよかったと思う。坂本選手は下がり目の位置でも違いを見せ、かつゴールに迫るプレーができていたし、関口選手もワイドに張って勝負することで、先日の代表戦の原口選手をほうふつとさせるようないい仕事ができていた。そして中村選手は、まだまだ本調子ではないのだろうが、体の入れ方やためのプレーなどはさすがの一言。こういう攻撃姿勢を続けていければ結果はついてくるし、こういうプレーが見たかったんだ、という試合であった。明治安田生命さんのスポンサーデーでお客さんが1000人超えだったので、得点&勝利がほしかったところではあるが、クオリティのあるプレーは見せられたのではないか、と思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード