滋賀FA杯決勝 VSびわこ成蹊スポーツ大

IMG_2155.jpg

 4-2で2年連続5度目(だったよね?)の県代表の座を射止めた。MIOとして連覇は初。


    久保
    馬場
斎藤     望月
  原口小山
濱田池永大杉 泉
    永富
こんなような感じではなかったか。

 11時で曇りがちだったとはいえ、日が照れば猛烈な暑さとなる中でキックオフ。序盤は慎重に入るためか、やや長めのボールを多用。球際での強さもあり、馬場選手のバー直撃FKなどで相手DFに圧力をかける優位な展開となる。しかし15分あたり、中盤のプレスが不発に終わったところから右サイドを突破され、中央に飛び出してきた相手にあわされてまたもや早い時間帯で失点してしまう。こうなると、びわ大のパスがつながり始め、布陣の関係もあるのだろうが、原口選手と小山選手の間で受けられて前を向かるシーンが頻発する。びわ大の左サイドはストロングポイントなのか、泉選手が対応するも、ここからカットインしてゴール前に迫る形でMIO守備陣を脅かすようになった。
 MIOは馬場選手がサイドに流れて長めのボールを収める形を作り始め、このあたりで得たFKを馬場選手?が頭でコースをかえて?追いついた。その後には幾度も相手の高めのライン裏を狙っていた久保選手がスルーパスに中央をきれいに抜け出し、GKとの一対一を難なく制して逆転に成功した。ドリブルを多用してくるびわ大の攻撃をしのぎ、前半終了間際には原口選手が左サイドを突破、鋭いクロスに久保選手がニアで合わせて3-1と突き放した。

 2点差にしてやや余裕をもてるか、と思った後半開始直後、またもやびわ大が左サイドから切り崩し、最後はPAでうまくターンされてのシュートを決められ、詰め寄られる展開に。息を吹き返した感のあるびわ大の攻撃にラインを下げられ、押し込まれる時間帯が続いた。それでも、交代出場の関口選手が、久保選手と同じような形で中央を抜け出してGKとの一対一をものにして再び突き放した。2点差とされ、前に重心をかけてきたびわ大の攻撃にヒヤリとさせられるシーンもあったが、一方でMIOも運動量の低下もあってスペースができ始めた相手守備陣の穴を何度も突き崩し、好機を量産し、そのままゲームを閉めた。

 天皇杯は本当に早い時間帯に失点してしまうよなあ、毎年この時期に見る望月監督のお姿と合わせて風物詩になってるなあ、と首をひねってしまうが、決定力をしっかり発揮できたのはよかった。久保選手は昨年と敵味方ところを替えての得点というのも面白い。MIOとして初の連覇。SAGAWA以来の連覇チーム、ということで県内での存在感を高めるために価値ある勝利だったといえる。準決勝と同様、JFLとちょっと異なるジャッジへの適応に苦労していた様子はうかがえたし、相手も形になればやはりしっかりした技術を発揮してく強豪、という状況で、4得点はよい結果だったと思う。馬場選手をあの位置に置く形をリーグでもやっていくのかどうかは不明だが、天皇杯ではなんとかアルビレックスと当たりたいところだ。

 この日は、JYの子たちも大挙して駆けつけてくれての応援だったが、声出しサポーターさんのほかにもMIOユニ、グッズの方が目立ち「2年前とは明らかに違ってきたな」と感じた。規模はまだまだ小なりといえど、トロフィ―授与後のサポーターさんたちと選手との交流など、県を代表するクラブに恥じないスタンドの光景になってきたのではないか。決してたやすい大会でないのは承知の上だが、連覇を継続して名実ともに県の顔、となっていきたいところだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード