滋賀FA杯準決勝 VSレイジェンド滋賀

 4-1で決勝進出


   坂本稲垣
柳澤      美濃部
   小山望月
濱田大杉石間鈴木
    桑水流    こんな感じではなかったか。

 真夏のデーゲーム8日間で3戦シリーズの2戦目とあってか、あまりなじみのないメンバー構成でスタート。トーナメント初戦、メンバー変更による連携面、JFLとは違うかもしれないジャッジを考慮してか、シンプルに前線に送る慎重な入りに。しかし早々にDFがヘッドで戻したボールとGKの息が合わず、こぼしたボールをかっさらわれて失点した。リーグ戦に比べると単調な攻撃が多かったが、個人能力では上回れている部分が多く、稲垣選手あたりが一発で前を向ける場面が多く、シュートのこぼれ球を稲垣選手が詰めて同点、坂本選手のヘッドの跳ね返りに美濃部選手が詰めて逆転を果たす。ただレイジェンドはDFラインを高く保ち、トップ下のような位置から飛び出してきた選手がなんどもMIO守備陣を脅かすシーンをつくった。MIOの守備もやや受けに回った印象で、主導権を握った、とは言えないまま前半を終えた。

 後半は相手の間合いなどに慣れてきたのか、徐々にMIOペースに。前半はボールの飛ばしあいであまり目立たなかった小山選手あたりがターンオーバーを決めるシーンも出始め、相手を押し込めるシーンが増えてきた。選手のコンディションを考慮してだろうが、馬場、原口選手の2トップという布陣となる。勝手に中盤の選手、のイメージを持っていた原口選手だが相手のいやなところでボールを受け、いやなところに運んでいくプレーで一気に攻撃を活性化させ、右サイドの美濃部選手もからみ、好機を作り始める。その原口選手が得たPKは一度はGKがはじくが、両チームの選手が詰めたところで馬場選手が押し込んで差を広げ、終盤には右サイドから飛び出した美濃部選手が見事なコントロールシュートをサイドネットに突き刺してゲームを決めた。

 見ている側からすると、得点差ほど楽なゲームではなかった。とくに序盤の失点は、天皇杯県予選で繰り返しているだけに「うーん」とうなってしまうようなものだった。それでもすぐに追いつき、逆転できたのはよかった。ジャッジがややナーバスかとは思ったが、前線にボールが入ったときはカテゴリーの違いなのだろうが、普段のリーグ戦ではなかなかないようなキープ、仕掛けができたので決定機に持ち込める割合は多かった印象だ。昨秋に対戦したマリノスがこういう感じだったのかもなあ、と思わせる試合展開といえよう。

 楽なゲームではなかったと思うが、結果しっかり勝ち、選手を結構休ませることができた。原口選手や美濃部選手の活躍、普段右SBの稲垣選手のFWでの躍動など、さすが中口監督の手腕というところか。次は4年連続でびわこ成蹊大。SAGAWAが休止して以降、というかMIO自体滋賀FA杯連覇、はなかったはず。連覇を果たしてJへの挑戦権を得たいところだ。

 今日のゲームは県内の大会ということもあって、いつものリーグ戦とはなんとなく違う雰囲気で、これはこれでよかったな、と思う。やっぱり県代表を決める戦いでの盛り上がり、というものは確実にあるわけなので、県協会もうまいこと大会を育てていってほしいなあ。Jクラブ構想報道についての所感は次回にもまとめたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード