VS マルヤス

IMG_2007.jpg
久方ぶりのホームは0-1


   斎藤坂本
高橋      関口
   小山馬場
久保田池永大杉稲垣
    桑水流
こんな感じかな?

 序盤はマルヤスが押し込んできて、MIOが奪うと長めのボールでSBにつけてサイドを駆け上がって対抗する、という展開。稲垣、久保田の両SBが高い位置取りからクロスを供給した。中でも稲垣選手の折り返しから坂本選手、という好機が2度あったが決まらず。この流れから、MIOが徐々にボールを持ち始め、全体的に押し込んでいく。マルヤスの単発の攻撃をしのぐと、中盤でテンポよくボールを奪う小山選手の強烈なミドルなど、流れをものにして得点近し、と感じさせた。実際に、CKから混戦になったボールをどの選手だったかがバー上に外すなど、得点機を多く作った。しかし前半40分過ぎ、FKから頭で合わせられ、失点して前半を終えた。

 後半もMIOがボールを持てる流れは続く。しかし、比較的少ないタッチで回していた前半に比べ、タッチやキープ時間が増えた後半はマルヤスの中盤の守備網にひっかかるケースが目立ち始め、シュートまで持っていけない。両SB、特に久保田選手は何度もクロスを供給するが、中に合わない。斎藤選手が2度突破からシュートを放つも枠外、というのが目立ったくらいで、シュートの減少にあわせ、好機の数も前半より減った。前に重心が移っていく中、松本選手を中心として、マルヤスに何度か鋭いカウンターを食らい、ひやひやの場面も出たが、GK、DFを中心になんとかしのいでいく。終盤には馬場選手を上げてのパワープレーとなったが、この日はこれまで以上に前線の動き出しが少なかった印象で、典型的な2ラインとなってしまい、こぼれ球をことごとくマルヤスに拾われ、時間を使われてしまい、タイムアップを迎えた。

 好機の続出した前半に一つでも決めておけば、という試合だった。相手にすくないチャンスを決められてしまう、今季幾度目かのもったいない試合だった。選手たちも試合後は結構重たい感じだったので、そのあたりを痛感してのことだろうか。
 終わってしまったことなので、よかった点を振り返って慰めとしたい。今日いいなあ、と思ったのはやはり両SB。特に稲垣選手は、自分のスキルとSBに求められる役割をかなりマッチングさせてきている印象がある。久保田選手も安心してみていられる突破なので、あとは中との合わせだろう。また、小山選手も非常によかったと思う。ミドルはもちろんだが、やはり的確な中盤でのボール奪取と素早い散らしが光った。けれんみはないが、結構いいパスも出す印象があるので、馬場選手のゆったりしたリズムとうまくかみ合うと、かなりとらえどころのない中盤からの配球になると思った。
 久々のホームで勝利のラインダンスを見られなかったのは残念だが、選手はそれ以上に残念なのだろうから、次勝ってすっきりしてほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード