VS浦安

 2-3で連敗、負け越しに

      久保
      斎藤
高橋        望月
     小山原田
久保田池永馬場稲垣   こんな感じだったかな?

  浦安が割とラインを高くしていたせいか、開始直後から、中盤でのパス交換を経て久保、斎藤選手が裏を狙える展開に。中盤での攻防はやや優位に展開していたとみたが、浦安も中盤の底の位置から素早くサイドに振り、スピードと技術のある選手が切り込んでくる。10分過ぎにはその形で左サイドに振られてクロスを上げられ、うまく胸トラップされて交わされ、失点してしまう。その後は基本的に押し気味の展開で、裏のスペースを斎藤選手や久保選手が何度も突く形をつくるが、浦安DFもスピードに優れており、抜け出しきるには至らない。それでも久保選手や望月選手の決定機に近いシュートシーンが生まれるなど、いつになくシュートの多い展開に。稲垣選手や原田選手もミドルを放つなど、シュートで終わろうとする意識が高かったのだろうと感じた。ただ、CKも多く獲得したが、ゴールを割るには至らず、前半を終えた。

  後半は頭から望月選手に変えて関口選手を投入。すると開始直後に右サイドを突破にかかった稲垣選手が倒されてもらったFKから久保選手が押し込んで同点に追いつく。MIOペースか、と思いきや、その数分後、PA内に攻め込まれてからのクリアをし損ね?たところを拾われ、ミドルレンジから右上隅に見事に叩き込まれ、突き放されてしまう。めげずに盛り返しにかかるMIOは、関口選手のドリブル突破などを加えた攻撃が機能、中央で久保選手あたりが抜け出して裏で受けられる場面が増え始めた。30分ごろには左から斎藤選手が相手ボールを奪って中でフリーになっていた久保選手に出すと、久保選手が相手をかわして叩き込み、再度追いついた。こうなるとさらに勢いづき、幾度も相手ゴールに迫り、関口選手がPA内で倒されたり(PKではなかったか、と思ったが)、中央を抜け出した途中出場の坂本選手がバー上に外れる惜しいシュートを放つなど、逆転も近い雰囲気を漂わせた。ロスタイム4分が表示され、前回ホームに続く劇的結末か、と期待したところで、右サイドを突破されてあげられたクロスに飛び込まれてきれいにあわされ、万事休した。

  被決定機と決定機をはかりにかければ、勝てたゲームだったと思う。いつも以上に崩し、シュートも多く、守備もそれほど崩されたり、押し込まれたわけでもない。ただ今季見た試合の中での悪い部分、前半の早い時間帯、クリアミスからの失点や、2点は取れたものの、決めておきたいところを外してしまったり、崩し段階でのミスからのピンチ、などが出てしまった格好だ。ゲーム運び、といえばそれに尽きるのだろうが、ここぞというところで決めてくる浦安は大したものだったと感じた。しかし、きれいなミドルを決められる回数が多いような気がするなあ。
  もったいないなあというゲームだったが、複数得点があったし、裏を意識した攻撃のリズムはよかったし、久保選手がついにやってくれたという好材料もある。特に久保選手は、フィジカルやスピードでは斎藤選手や坂本選手に及ばないかもしれない分、点取り屋の雰囲気はその分濃厚だと感じる。一気に爆発してくれるのではないか、と期待させてくれる。
  負け越しに入ってしまったが、試合としては面白かったし、いいサッカーをしていると感じるので、目先の結果を追わず、ぐっとこらえるところだろう。選手たちもそのあたり、手ごたえを感じているところはあると思うので、今後が楽しみでもある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード