VSアスルクラロ沼津

 2-1の逆転勝利。連敗停止。沼津からは初勝利?

     斎藤
関口小山高橋久保田
     原田
濱田馬場大杉稲垣
     荻野     こんな感じ?でスタート

 開始早々4分、ゴール前でのクリアをドリブルで持ち出そうとした稲垣選手がロスト。その後の展開からゴール右上にきれいなミドルを決められて失点してしまう。中盤に機動力のある原田、小山、高橋選手がいることからか、沼津への寄せは素早く、パス回しのテンポはよい入りでいけた。しかし、ここ数戦見られる、チャンスになりかけたところでのパスの引っかかり、奪いきったと思って前がかりになりかけたところを、奪いきれなくて後ろを開けてしまう、といった部分はなかなか変わらない。ただ、右SBの稲垣選手が、本職からすればやや危なっかしい高い位置取りをする反面、攻撃では持ち上がって起点になる場面も多く久保田選手とのからみで右サイドから崩し、斎藤選手があわや、という場面もつくりかけるなど、これまでにない攻め手も見えた。稲垣選手の裏は大杉選手や久保田選手がケアする感じで、当初は危なっかしかった稲垣選手の位置取りが、前への推進力と守備時の出足の良さという形で奏功しはじめ、得点こそないものの相手に大きなチャンスを与えることもなく、前半を終えた。

 後半は頭から坂本選手を投入。左サイドの濱田選手もやや高めの位置を取り、関口選手とともにサイドから切り崩しにかかる。右サイドも相変わらず活発な動きをみせるが、クロスの精度や沼津のしっかりと人数をかけた守備もあり、坂本選手の惜しいヘッドや斎藤選手のシュートを生み出したが、ゴールには至らない。守備のほうは時折カウンターを食らいかけるものの、沼津のFWが大阪、八戸のようなタイプでなかったことと、CB陣の老練な対応、荻野選手のいい飛び出しなどでさほどのピンチもない。時間が過ぎていく一方で柳澤、久保選手などを投入し、馬場選手を上げてのパワープレーとなった終盤85分ごろ、右サイドを突破した坂本選手が鋭い低空クロス(だったと思うが)を送り込んだところ、DFだがGKに当たって軌道が変わり(変わってたよね?)、ゴールに吸い込まれ、同点に。一気に押せ押せムードとなり、90分にはクロスボールを一度はキャッチしかけた沼津GKがまさかの落球、坂本選手が押し込んで逆転した。ロスタイムの3分、前に出てきた沼津のシュートを荻野選手がはじき出すなど、しっかり守り切って試合をおえた。

 なにより連敗を止められ、上位に勝てた、しかも最終盤の逆転勝ち、というのがうれしい。これまでのチームではあまりなかったパターンで、再び勝ち越しに持って行けたことで選手たちも自信を取り戻してくれるのではないだろうか。大阪や八戸相手でも「内容はよかった」という手ごたえが証明された形といっていいだろう。引っかかりながらも繰り返してきた攻撃が得点に結びついたのことも収穫だし、坂本選手が2得点、というのもよかった。また、GK陣にけが人が相次ぐ中、荻野選手の飛び出しのよさ、好セーブも今後を見据えると大きい。
 稲垣選手のSBは初めて見たが、本職でないのでポジショニングなどはしょうがない面もある。失点のきっかけになるプレーもあったが、それを差し引いても時間を追うごとにいいプレーが増えていったし、今後に期待を抱かせる布陣だった。また柳澤選手のプレーを久し振りに見られたのもよかった。相変わらず軽快なプレーで、逆転のきっかけになる働きをしてくれた。今年のチームにはうまいことはまってくれるのではないか。

 この日は、大阪、八戸戦と同様いい内容ながらもリードされていたことで、終盤には「また負けか」「1失点負けだったら今後につながるからいいか」という思いが頭をよぎった。しかしそこから同点、さらに逆転までもっていってくれるとは思わなかった。チームは間違いなく変わりつつある。自分も最後まで信じて応援すべし、と痛感した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード