VSヴァンラーレ八戸

 0-2で連敗、順位を8位に下げ得失点差も0となる。

   坂本斎藤
高橋      望月
   馬場小山
濱田池永大杉 泉
    桑水流

 石間選手の負傷なのか泉選手が初先発、斎藤選手復帰の布陣で試合開始。試合の入りは、短いパス交換に加え、少し長めのボールを相手サイドに入れながらの展開で、開始後から泉選手、濱田選手の両SBがサイドを軽快に駆け上がるシーンが続いた。斎藤選手も相手DFと競りながら裏に抜けかけたり、惜しいシュートを放ったり、中盤の組み立てに参加したりと以前の動きを取り戻したかのよう。八戸は村上選手あたりにボールを入れてサイドを割ってくる動きを多々見せてきた。主導権はややMIOだったとみたが、八戸のDFをこじ開けるにはいたらない。するとMIOのパス回しがまたショート中心になってややトーンダウンし始めた30分ごろ、中盤で奪われたボールをそのままの勢いでMIOの右SB裏に出され、八戸の13番が大杉選手と競りながらも角度のないところにズドン、と打ち込むシュートで先制する。MIOの攻撃のやりかたを見て取ったのか、中盤でひっかけると村上選手あたりがキープ、MIOのDFラインに飛び込んでくる八戸アタッカー陣がゴールに襲い掛かるシーンが出始めた。ただMIOも池永選手の負傷退場で、馬場選手がCBに下がるなどのアクシデントはあったが、ボール保持自体は大阪戦よりもうまくでき、オフサイドになったものの、中央突破に成功するなど、期待を抱かせて前半を終えた。

 後半に入ってもMIOの選手間の距離が短いパス回しは続くが、大阪戦を思い出させるような出しどころがない状況が続く。回して奪われ、奪い返しにいって取りかけても取り切れずにショートカウンターをくらう場面が増え始め、村上選手あたりに幾度もサイドを破られピンチを招いた。足元ばかりのパスで状況を打開しきれない中、関口選手が投入された15分ごろだったと思うが、小山選手あたりがDFライン裏に出したボールに斎藤選手が反応、シュートには至らなかったが、このプレーが流れを変え、相手SB裏へのサイドチェンジなど長いボールから、坂本選手あたりが受け、サイドを駆け上がる濱田選手、ドリブルで突破をはかる関口選手ら複数の選手が絡んで小気味よくサイドを切り裂いていく攻撃が機能し始めた。それでも八戸DF陣の前に決定的なシュート回数は少ないまま、80分ごろに再びカウンターを食らって失点。最後は馬場選手を上げるパワープレーも甲斐なくゲームを終えた。

 大阪よりは中盤の守備の強度が楽だっただけに、いい時間帯に点を取れなかったのがすべてだろう。失点はいずれも大阪戦を思い出させる形。とくに一点目は、大阪戦の2失点目と同様、あの角度で叩き込んでくる相手FWが素晴らしいとしかいいようがない。ただ、それならばMIOのアタック陣も同様にいいゴールを産めるはず。シュート自体そう多くはなかったが、能力があるのは間違いないと思うので奮起してほしい。得失点差0とともに、1試合当たりの得点が1を割ってしまっている。複数得点は開幕戦のみなので、ちょっと長引くと心配になってしまう。
 ボールを保持しているわりに得点力不足なわけだが、FW陣どうこうというより、シュートに行けている回数自体が少ない。大阪戦もだが、この日も出しどころがなくスローダウンしたり、崩しかけても最後のパスやトラップでミスをしたり、中盤で奪いきった、と思っても奪いきれてなくてカウンターを許したり、ともったいない場面が目立った。前半はじめや終盤のように長いボールを使えば、とも思うが今年のやり方をまず徹底させる、という必要があるのかもしれないから軽々には言えないところだ。選手個人個人にしても、ミスもあるけれど、いいところも十分出ているわけで、誰が悪い、という状況でもない。地道に精度と連携、ゲームの進め方を向上させていくしかないのだろう。
 個人的に少し気になったのは、斎藤選手の仕事がちょっと多くないかな、という心配だ。中盤に下がって組み立てに参加して、守備もして裏にも抜けて、ではゴール前に行く回数も自然制限されてしまう。やはりDFライン裏に抜ける、まえを向いてボールを持つところに斎藤選手の怖さがあると思うので、チームとしてもそういう形を多く作れるような崩しに挑んでほしい。

 この日はゲームを見ていて久し振りにすこしいらだつような気分になったし、残念、ではなく悔しい、敗戦だった。しかし振り返ってみると、無力感や脱力感からくる苛立ちやくやしさでなく「みなさんなら、もっとできるよ」という思いからくる感情だ。開幕6試合目にして、まだ勝ち越している状況でこの感情を覚える、ということ自体、これまでMI0を見ていてあまりなかった。今年のMIOに対する期待や信頼感が間違いなく高いが故であろう。試合後の様子を見ていると、当たり前だが選手やスタッフのほうが手ごたえからきているのであろう悔しさなり、苛立ちを感じているようだ。この2試合を産みの苦しみとして、きっともっと強くなってくれるだろう。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード