VS FC大阪

0-2で今季初黒星
IMG_1913.jpg
     坂本
     関口
高橋      望月
   馬場小山
久保田池永大杉石間
    桑水流  こんな感じだったと思うが自信なし

 ここまで攻守に踏ん張ってくれた斎藤選手、永富選手を欠いてのスタート。首位相手で猛攻を食らうかと思いきや、わりにボールを回せる試合の入りで、早々に関口選手がドリブルで中央を突破してGKと一対一をむかえるが、惜しくも右に外してしまう。大阪はMIOのボール回しに対し、少し引いた位置で構え、ボランチやSBの高い位置にボールが入ると猛然と奪いにかかり、奪うと素早く強力な3トップに展開、そこからの速攻でMIOゴールに迫る。13分にはMIO右サイドで与えたFKから決められ、失点してしまう。失点後は大阪のボール奪取からの速攻がさえわたる。少しでも持ちすぎたり、もたつくと体を入れられて奪われ、そのままFWに出されてDFと同数か数的優位を作られ、なんどもゴール前でシュートまで持ち込まれるが、桑水流選手やCB陣が踏ん張る。
 大阪の速攻をしのぐと30分ごろからは再びMIOがボールを回すことができ始め、両SBも高い位置に駆け上がりクロスを送るシーンも出始める。しかし最後の崩しには至らない。しっかりかまえる大阪に対して、ボールを受けてから出し先を探すような具合でボール回しがスローダウンする場面も出始め、奇妙にゆったりしたペースで前半を終えた。

 後半も基本はMIOがボールを回す。中盤の小山、馬場選手から、FW、サイドにいいボールがでるが、その後の崩しが決まらず、なかなかシュートに至らない。交代で入った鈴木選手あたりのクロスも合わない。守備は時折大阪にカウンターを受けるものの、CB陣とGKの対処で決定機をつくらせない。時間が少なくなるなか、濱田選手や稲垣選手を投入、馬場選手を前に挙げてのパワープレーを敢行するが、ロスタイムにカウンターから見事としかいいようのない強烈な一撃を叩き込まれてタイムアップとなった。

 負けてしまったが、手ごたえもあったと思う。大阪のやり方とのかみ合わせもあったにしろ、ボールを持てる時間は長かったし、攻撃もしのげている時間はあった。一方、その裏返しで、このやり方なら、ボール回しのスピードや精度を一層高めないと、上位から勝ちを奪うのは難しくなる。シュートまで持ち込める回数があまりなかったことからも、大阪がボールを回させていた、といえる展開だったと思う。パス回しの中で精度を高めるとともに、3人目の動きがもっとあるといいのだろう、と感じた。まあそのあたりは今後改善されてくると思う。
 また、この日は斎藤選手がいないせいもあってか、プレスバックがやや弱かった印象を受けた。ただ、そこは斎藤選手の持ち味であって今日出た選手が斎藤選手並みのプレスを求めるのは酷なはなしだと思うので仕方のない面ではあるが、やはり前線からの守備が大切だな、と感じた試合であった。

 序盤の大一番ということで負けてしまって残念だし悔しい。これまでの4戦でちょっと見えかけていた課題が表面化した、という恐ろしさもある。しかし、同時にそこには手が届きそう、という予感めいたものも感じさせてくれた一戦だったので、やりきれなさとか、喪失感ではない。むしろ上位とこういう試合ができるようになった、と前向きにとらえたいしとらえられると信じるに足る敗戦だったと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード