VSホンダロック

 1-0で開幕4戦負けなしは昇格後たぶん初。
IMG_1855.jpg

   斎藤坂本
関口      望月
   馬場原田
久保田池永大杉石間
     永富
たぶんこんな感じ。

晴天強風の布引で風上キックオフ。ロックが3バックで挑んできたせいだと思うが、開始早々、左サイドに大きく空いたスペースを久保田選手が駆け上がってクロス、斎藤選手あたりが触って絶好機をつくる。これで一気に勢いに乗った久保田選手がたびたびサイドを駆け上がり、その流れで得たCKを4分に斎藤選手が決めて(ちょっと相手に当たったようにもみえたが)先制する。FW2人のキープや中盤に入った原田選手や馬場選手のボール奪取と両SBの上がり、望月、関口選手のパスが絡み合い、両サイドを何度も切り崩し、馬場選手がパスのリターンを受けてPAに侵入する、これまでにない迫力ある攻撃を繰り出していく。ロックもこれまでのイメージよりは丁寧にボールを回していくが、中盤でひっかけることができ、坂本、斎藤、石間選手がからんでの高速パスでサイドから中央を一気に崩しての決定機など、2点目も遠くない、という展開だったが、ロックの体を張った中央の守備で得点には至らず、前半を終えた。

 風下に回った後半は、ロックが両ワイドをじわりと前に出してきたこともあるのか、前半よりは少し受ける展開に。それでも、久保田選手が駆け上がり、関口選手が違いを生み出す左サイドを中心に幾度も好機をつくり、シュートも放つがGK正面だったり、DFにブロックされてしまう。時間とともに疲れも出てきたのか、パスを回している最中にリズムが奇妙におち、突破に至らないシーンが増え始めた。裏腹にロックはMIOのSBが上がった裏を狙いだし、ラインを押し下げる。それまで集中していた守備陣だが、こちらも攻撃陣と同様、一瞬集中を切らしたかのようなシーンが出始める。するとラインの裏に飛び出してきた相手と交錯した永富選手がなんと負傷退場。桑水流選手が投入される。6分という長いロスタイムでロックの猛攻を受けたが、CB陣を中心に体を張ってしのぎ勝利をものにした。

  2点目が決まればそれで終わり、というようなゲームではあったがとにかく勝ちが大事なのでよいし、全体を通してみれば、勝ちに値する試合だった。仕上げの部分で引っかかってしまうもどかしさはまだあるものの、それでも今年のパス回しは素晴らしいと言わざるを得ない。和田さんの時とも、SAGAWAの時とも違う印象で、さすが中口監督、選手に合わせてしっかり攻撃を構築している、ということだろう。斎藤選手が決めてくれたのもよかったし、前半のビッグチャンスでの切り崩しなどは、カテゴリが上の相手でも通用すると思った。久保田選手もようやく能力全開、原口選手も素晴らしいし、馬場選手はさらにスケールを上げたかのようなプレー、石間選手は好守に頼れるし、両CBもなんだかんだで4試合1失点のすばらしさ。望月選手、関口選手も相変わらずいいし、久々の濱田選手も好プレーだった。久保、桑水流選手もしっかり役割を果たしてくれたし、先発両FWの奮闘ぶりはいうまでもない。

  まだ順位を云々する時期ではないが、4月は現在の上位陣、または強豪と目されるチームとの対戦が続く。特に次の大阪戦はMIOにとって序盤の大一番といえるかもしれない。中口監督のこと、目先にとらわれて先を見据えているだろうが、ファンとしては4月もいい結果のゲームを続け、プレミアのレスターのような存在になりたい、と切に願っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード