VSラインメール青森

  1-0でJFL昇格後たぶん初の開幕連勝IMG_1832.jpg
      斎藤
      関口
高橋        望月
    小山馬場
久保田池永大杉石間
      永富
たぶんこんな感じ。

 晴天なれど強風の布引に昇格してきた青森を迎えた。青森は序盤からフィジカルを全面に押し出し、長めのボールを前線にぶつけてこぼれを回すスタイルで仕掛けてくる。MIOも囲みの早い守備とパス回しで対抗する。守備に行く速さ、奪い方、奪ってからのつなぎの意図という組織性はMIOが上手、とみえたが、青森は奪われても足を絡めてくる厳しい球際の攻防をしかけ、きれいに奪いきったり、回しきることがなかなかできない。それでも精度で上回るシーンがあり、中盤から両サイドにいいボールが供給され、左サイドからの突破に望月選手が決定機を迎えるなど、やや優勢に進めていた印象だ。そして40分ごろには、左サイドのFKから馬場選手が放ったシュートがバーに当たって跳ね返ったところ、中央にいた石間選手の前に落ち、石間選手が左足をきれいに振りぬいて先制した。
 
 後半になると風下に回った影響か、青森の圧力が強まる。激しい球際、落ちない運動量に加え、パスアンドゴーの練度も高く、たびたびMIOのサイドに侵入してくるようになった。MIOも中盤の馬場、小山選手あたりのうまい囲み、奪い方で自由にはやらせないが、きれいに取り切るまでにはなかなか至らない。前に出てきた分、空いたスペースを斎藤選手あたりがつくシーンも出始めたが、青森の好守もあり、決定機を作り出せない時間が続いた。時間経過とともに、MIOのDFラインがじわりと下げられはじめ、PA内での守備が続く。CB陣の巧みな守備でシュートコースは切るものの、スクランブルになる場面も出始め、30分ごろだったと思うが、PKを取られてしまう。「同点か」と覚悟したが、奈良戦に続いて再三の好守を見せていた永富選手がなんとPKストップ!その後も圧力のかかった攻めをしのぎ、連勝を果たした。

 結果を見れば永富選手様々のゲームといえよう。この日もPKストップ以外にも好セーブがあり、安定感は昨年以上。というか、背後に青白い炎がみえそうなほどの威圧感を放っていた。また石間選手がゴールしてくれたのもよかった。引き分けでもおかしくなかったということで、反省点はいろいろあるのだろう。しかし、守備の囲み方、ボールへの寄せ方、そこからのつなぎ方なんかは意図がはっきりしていてよかったと思う。この日、これまでと違うな、と感じたのはサイドラインの攻防におけるスローインの獲得率だ。もちろん正確に測ったわけではないが、攻守いずれの局面でもMIOがかなり勝っていた印象だ。奪いに行ってはボールへのアプローチがよい、ということだろうし、攻め手はパスの回し方がいいので、結果マイボールにできているのでは、と感じた。こうなると守備への負担は大分減ると思うので、試合全体を通して守りきれた遠因だったのかもしれない。
 青森は昇格初年度とはいえ、手ごわいチームだった。とにかく勝ち点3をとれたことは大きいので、自信を深めてほしい。

 どの選手もよかったが、この日も得点こそないものの、斎藤選手が攻守に鬼気迫る活躍だった。一点とれば量産できるはずなので、次節にもゴールを決めてほしい。
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード