VS 奈良クラブ

16年シーズンJFL開幕。やっと春が来た。
 2-0で開幕戦勝利
IMG_1825.jpg


     斎藤
     関口
高橋       望月
    小山馬場
久保田池永大杉石間
      永富

自信ないがこんな感じか。

 メンバーが大幅に変わった開幕試合。序盤からDFライン、中盤と丁寧にボールを回していこうという意図がうかがえるプレーでスタートした。ただ奈良クラブも当然激しいプレスをかけてくるため、やや押され気味の展開となった。それでもSHとSB、ボランチの距離感がよく、細かくボールを回す場面が出始め、高い位置に入ると関口選手が相手と競りながらも、違いをつくる受け方で前を向き、斎藤選手が貪欲に裏を狙う動きを見せる。すると10分過ぎ、右サイドのあたりからだったと思うが、斎藤選手らが絡んで細かいボール回しから中央突破を図ると、裏に抜け出した高橋選手のもとにボールが届き、GKとの1対1を落ち着いて流し込んで先制した。
 強風の風下ということもあって、奈良の迫力ある攻めとクロスでも風で流れ気味となってゴールに迫るボールに押される展開が続くが、永富選手がスーパーセーブを連発して切り抜ける。中盤でのチェックも小山選手、馬場選手が怠らず、斎藤選手あたりも激しいプレスバックで加勢、CB陣も出足よく相手を制する場面が増えだし、馬場選手がいくどもボール奪取からの持ち上がりを見せはじめた。奈良がいったん下がってのロングボールを使い始めたこともあるのか、徐々に盛り返し、押し始める。素早い、細かいボール回しが生きはじめ、前半を終えた。

  後半は追いつきたい奈良クラブがサイドを使っての猛攻を仕掛けてきた。技術のある10番、体格のある9番などがたびたびMIO陣内に切り込んでくるのを、CB陣と永富選手が迎え撃つ展開が増えた。ゴール前を横切るクロスが増え始め、ピンチを迎えるが、なんとかしのぐと、まえがかりになった奈良に対し、スピードと人数をかけたカウンターで対抗し好機を作り出していった。終了間際には交代で入っていた坂本選手と望月選手がゴール前に入り、望月選手のシュートが相手に当たってゆっくりとゴールイン、勝負を決めた。

 前年とがらっと変わったサッカーで最初から結果を残せたのは大きい。1点目、2点目とも、細かく早いパス回し、カウンターでの切り替えしと、目指すサッカーであろう形の中からとった得点だけに意義深い。まだまだ相手に引っかかったり、永富選手のスーパーセーブがなければ、ということはあるにしろ、奈良相手にこの内容で勝ったことは大きな自信になることは間違いないだろう。新加入選手もそれぞれ持ち味を出していたし、それが連携という形の中で生かされていただけに今後の伸びしろも大きいと思う。
 また、高橋選手、石間選手と、昨年出番のなかった選手たちの躍動もうれしい。高橋選手の得点は、サポーターさんたちが通常の得点+出番がなくてもしっかり準備をしていた高橋選手への思いでかなり感慨深いようであった。石間選手もポジションこそSBに移したものの、鋭い寄せとタックルに加え、サイドを駆け上がってのクロスは見事の一言だった。これでまだ出番を待っている選手がひしめいているのだから、かなりいいチームになる、と期待膨らむ開幕戦だった。

 この日は何とか天候も持ち、お客さんも水口ではあまり記憶にない1000人超え。奈良クラブさんのご来場が大きいのだが、メーンはMIO側も結構埋まっていたし、バック側もサポーターさんたちのまわりに緩やかに人が集まっている感じだった。昨年最終戦の布引ともちょっと似た雰囲気で、声をだしながらこれはなかなかいいなあ、といい気分になった。また拙いながらゲーフラもデビュー。強風で持つのが大変だったが、少しは緑の面積を増やせたかな、と思う。

 追加
 馬場選手の綽名は「摩雲金翅」(まうんきんし)としたい。地闊星「欧鵬」(おうほう)の二つ名で、長身でがっちりした体で「天をかける伝説上の怪鳥(「金翅」なので金色の羽なのだろう)」を意味する。また欧鵬は重い鉄槍の使い手。相手の攻撃をつぶしてそのままボールを持ち上がる様子が、槍で敵陣を貫くように見えたので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード