VSニューウエーブ北九州

2-2のドロー。

  木下安里
壽 中濱浦島内林
細貝谷口石澤桝田
   田中

久々の湖南は、特有の風が強く吹いていた。風上で始まった序盤、マークミスなのか、長谷川選手にするすると抜け出されて失点してしまう。細かいパス回しで反撃を試みるも、相手のプレッシャーに引っかかるばかりで、有効なシュートはあまりなかった。
 後半頭から中濱選手に替えて田中大選手を投入すると、相手DFの裏を狙ったパスが増えだし、木下、安里選手の飛び出しとマッチして好機を作り出していった。しだいに押し始め、セットプレーから谷口選手が頭で押し込み、同点に。完全に試合のペースを握り、田中大選手のスルーパスから、木下選手や安里選手が惜しいシュートを連発する。そして、またもやCKから石澤選手が地をはうスライディングボレーで逆転した。が、直後に相手にFKを与えてしまい、同点に。その後も浦島選手のパスカットなど守備もよく、アラン選手や金選手を投入して押し気味に試合を進めるが、決定的な場面を外して終了した。相手はタチコ選手を投入してきたが、昨年のドグラス選手ほどの怖さはなかったな。

 序盤の失点はもったいなかったが、ゲームとしては面白かった。後半の攻撃は迫力満点で、このペースをいかに長く持続させるか(序盤からできるか)が今後の鍵を握るのだろう。
前半は相手のプレスもきついのでやむを得ない面もあるが、ちょっと打開策に欠けたようにみえた。たぶん、中濱選手から田中大選手へ交代はそこが原因なのだろう。そして見事にはまった。割合シンプルに裏を狙うと単調になるおそれもあるが、要は細かいパスワークとのバランスなのだろう。昨年の田中大選手はテクニカルなキープが印象的で、あまりスルーパスのイメージはなかったのだが、少し前の位置でのプレーで本領発揮というところか。かなり心強いプレーだった。
 また、浦島選手も後半から光っていた。ボールに行くポイントを前半から修正したのか、ターンオーバーの回数が増え、積極的なパスも出ていた。安里選手はあとはゴール、というプレー。飛び出しやいい位置でのボールの受け方はこれまでのMIOの選手にはあまり見られなかったし、今後がさらに楽しみだ。得点を挙げたのは両CBだったが、FWの駒もそろってきたな。アラン選手の爆発があるとなおよいが。

 主審の笛は相変わらず「?」。MIO以外のゲームもこんな感じなんだろうか。スタンドのこども達が「ファールやろー」と口をとんがらせていたのが可愛かった。強風は困るが、芝生が多くほのぼのとした湖南の雰囲気はやっぱりいいな。選手との距離が近いので、皇子山より迫力を感じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード