新監督決定

 年が明けてもう退団は止まったと思っていたところに吉弘選手退団の発表。昨季の主力DFだし、MIOの歴代をみても1、2を争うCBかな、と思っていただけに結構ショック。マルヤスに移籍とのことで対戦が楽しみやら怖いやら。

 吉弘選手退団でしょぼん、としていたところに新監督としてSAGAWA黄金期を作り上げた中口雅史さんが新監督として就任、というある意味驚天動地のニュースが入ってきた。ここ10年のJFLでは間違いなく一と言って二とない名将といっていいと思う。中尾さんの後輩でもあるし、佐川つながりもあるし、そのあたりでお願いできたのだろうが、にしてもかなりのインパクトがある。2年ほどまえに布引でお見掛けして「ひょっとして」と思ったこともあったが、まさか現実のものになろうとは。中尾さんも強化ポジションに専任でき、成績向上が期待できる。

 中口さんといえばもちろんMIOがらみのゲームで敵将として見てきたわけだが、佐川統合初年度の、御給選手を中心とし、その後J2に個人昇格した強力なアタッカー3人を擁して優勝したチームから、小柄な選手が多いながらもボールを奪うと一斉にピッチに広がって相手守備陣の穴を突きまくって優勝した09年度、復帰した御給選手を前線に据え、中村、清原選手らが自在にアタックをかけるその後のチーム、というように、堅守をベースとしながら変幻自在の用兵、という印象が強い。コンバートも結構ある印象で、自分の理想とする形だけでなく、選手の特性にあわせ、力量を引き出す指導、采配ができるのではないか、と思っており、SAGAWA休止後はJ2なりに引き抜かれるものだとばかり思っていた。自分の中では辣腕の指揮官、というイメージだっただけに、MIOに来てくれてうれしいことこの上ない。東さんが下につく形になるのだとすると、これまた東さんをさらに成長させてくれるはず。

 もちろん、MIOはSAGAWAではない。選手も環境も違うし、相手もSAGAWAを指揮していたときから大分かわっている。なのでなにもかも中口さんが好転させてくれる、と思ってしまうのは酷な話ではある。ただ、それだけの期待をさせてくれる人事。チームの意気込みが感じられるし、今後の契約更新、新契約選手も期待してしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード