16年始とMIO

  年末に国領選手のサンガ復帰が発表されたくらいで、動向情報はいまのところなし。過去のパターンで行くと発表のない選手は基本的に残留と考えていいのだろうか。昨年スタメンを多く張っていたメンバーからは国領選手も含め、多く抜けてしまうが、残ってくれているだろうメンバーも力はあるし、新加入もあるはずなので楽しみにしたい。また、指揮体制も中尾さんのままと考えていいのだろうか。その場合、スカウティングと並行してチームづくりにも取り掛かる必要があるのだろうから、かなり大変なのではないか。本来なら中尾さんが強化部長に専念できて、監督は東さんなり経験豊かな人を呼んでくるというのが理想的なのだろうが、そのあたりもどうなるか注目したい。
  
  昨年は過去にない厚い選手層で臨み、天皇杯などでインパクトを残しつつも、結局は年間11位という「定位置」で終わってしまった。戦力、順位だけでないチーム力がわずかずつとはいえ前進しているのはわかるし、必ずしも強さが人気、集客に直結するわけではない。もちろん、チームの誰もが一つでも勝ち点を上積みしようと努力しているのは間違いないし、強くなりたい、というのは現場や選手が一番願い、努力しているのはなおさらよくわかる。なの順位は一つでも上に越したことはないけれど、勝てなくても応援するし、したいチームだと思っている。
  そう思っている、という前提で、それでもそろそろ、なんとか上位でのフィニッシュを見たい、と願う。夏場以降も年間順位の優勝戦線にからみ、ベストイレブンにも選ばれる選手がでてくるようなMIOも見たい。行政などへの説得力とか、強くなればいうても集客は少しはあがるだろうという願望もちらつくが、それよりなにより、昨年の天皇杯マリノス戦やその後のリーグ戦、有力選手の移籍を経て、やはり結果をだして自信をもって勝って喜ぶ選手や首脳陣、サポーターさんたちの顔を見たいなあ、と思い始めてきた。  MIOを見始めて10年にはなるかと思うが、サポーターさんに合わせて声出しをし始めたのはわりに最近。いつも人数こそ多くないが、懸命に、温かく楽しそうに声援を見ていて、声量や見た目のボリュームを少しでも増やして、力になれればと思うようになったからだ。天皇杯以降の経過を通じ、チームとしてのMIOのファンであると同時に、サポーターさんたちのファンでもあるのだなあと気付かされた。選手はもちろん、サポーターさんたちの笑顔のもとにはいろいろあるだろうが、やはり勝利も欠かせない。今年は例年以上に勝利を望みながら応援する年としたい。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード