続退団、引退、移籍

 なおも続く発表。前回、吉田選手の引退を書き漏らしていた。読んではいないと思うけれど、吉田選手すみませんでした。あまり見られた回数は多くないけれど、すらっとした外見通りの切れ味あるドリブルが印象に残っている。

 また前回の記事のち、有門選手、松永選手、斯波選手、吉崎選手もチームを離れることが分かった。有門選手も見た回数が多くなかったが、昨年のホームHONDA戦だったと思うが、サイドバックで出て対面選手の突破を封じていた姿は強烈に印象に残っている。松永選手は高校時代にも1度見たことがあり、それだけに加入してくれてうれしかった。ドリブルとセットプレーでいいアクセントになっていた。斯波選手はプレーは見られなかったが、入場などの受付での明るい笑顔と人柄が魅力的だった。ああいう選手が、たとえ出番がなくてもチームに欠かせないし、チームを支えてくれるのだろう。
 吉崎選手は3年の在籍か。もっといたように思う。豊富な運動量でSB,ボランチで出ていたが、今年のCBはかなりはまっていた印象だ。上背はないが、機動力と競り合いの強さで吉弘選手といいコンビだった。人柄もあるのだろうか、サポーターさんから1番愛されていたといってもいい存在ではないか。

 そして村上選手の移籍先が八戸となった。この時期の移籍決定は、安楽選手と同様、能力を見込まれてのものだろう。今年の成績でいえば、八戸はJ3級だったので、村上選手も同等の評価を受けた、と思いたい。Jでやれる能力はあると思うので、八戸でも大活躍を期待している。MIO戦でも、MIOの勝利という前提で活躍する姿を見たい。

 毎年のことなので慣れたとはいえ、やはり寂しいのでこの辺りで退団などの知らせも打ち止めになるといいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード