VS大分

1-2でホーム最終戦白星ならず。昨年最終戦と同スコアのような気もするが。


   松本村上
柳澤      高田
   望月面家
安楽桝田吉弘鈴木
    永富

  やや見にくい位置だったので、実際は高田選手が下がっての5バックないし3バックか。

  序盤から大分の技術の高いFWに入ってくるボールの処理に手を焼く場面が目立った。一方で、攻撃に転じると望月、柳澤選手がいる効果なのだろう、相手PA前に危険なボールを入れることができ、いい姿勢で柳澤選手あたりがシュートを放つが、相手DFのブロックにあってしまう。全体的にはうまくボールを回され、DFラインの裏を突かれて主導権を握られていた印象で、DFラインが下がったところに早めのクロスを上げられ、処理でヒヤリとすることが多かった。実際に30分過ぎにはMIO左サイドからだったと思うが、上げられたクロスを一度ははじくも、拾われ、足で押し込まれ、先制されてしまう。攻撃も序盤の好機を逃すと、その後はパスのつながりがやや不正確になり、さほどの攻勢をかけられず、前半を終えた。

  後半になると、安楽選手あたりがやや高い位置取りをしてボールを奪いに行く地点も上げた印象で、安楽選手、村上選手が両サイドを切り裂く場面が出始めた。5分には一度はじかれたクロスを桝田選手だったと思うが前に出て奪い、鋭いくさびを打ち込み、右サイドに出て村上選手がらしいドリブル、反転から折り返すと、低い姿勢で待ち構えていた松本選手が頭で押し込んで同点に。すると一気に主導権を握り返し、安楽、村上選手が両サイドを制圧するいい時の状態に入る。面家選手の前で奪う守備で速攻がさらにさえわたり、幾度もシュートを放つ。しかし枠をとらえきれない。
 前がかりになった分打ち合いの様相を呈する中、30分ごろに左サイドからまたもや同じFWに叩き込まれ、突き放された。柳澤選手に替えて斎藤選手を投入、打開を図るが、大分も交代で入ってきた中村選手の堅い守備もあり、ゴールを割らせない。最終盤はセットプレーが連続、永富選手も上がってのプレーも、ゴールを割れず、時間切れとなった。

  勝てなかったのは残念。しかし得点シーンは今季のMIOの良い点が詰まっていて、苦労している松本選手がとってくれてよかった。松本選手が待ち構える姿が獲物に襲い掛かる猛獣のような印象で、村上選手が折り返した時点で「決まった!」と確信できた。それにしても、前のホーム、天皇杯再開試合からも間が空いていたこともあり、村上、安楽選手の突破もかなり久々に見たが、やはりいいものだ。異様に判断が早く、DFに守る間を与えない「先の先」の安楽選手、相手が食いついてきても、強靭な足腰で振り回し、根負けさせて振り切る「後の先」の村上選手。非常に対照的でかなりの武器だと思う。
  またこの日は面家選手がよかった。前に出て奪いきる守備は、どの選手にもない特徴で、後半の攻勢を陰で支えていたのは面家選手、といってもいいほどの働きぶりだったように思う。

 自分にとって観戦できるMIOの試合は今日が最後だったが、まだあと一試合ある。最後は笑顔でしめてほしいし、そうできると信じている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード