VS八戸

 0-0で連敗ストップ


  斎藤坂本村上
    国領面家
安楽大杉桝田高田鈴木
     永富

 こう見えたが、安楽選手がやや高目の位置で変則4ないし5バックか?

 試合開始後は、サイドのつなぎがよいことと、坂本選手の独特のトラップによるキープもあり、サイドから攻め入る場面が目立ち、斎藤選手、村上選手がタッチライン際まで何度か侵入できた。八戸は屈強なFW(どっかで見たことあると思っていたら元印刷の選手だったな)に当てて、力強く押し込んでくる攻撃で、MIOを陣内に押し込み始める。ただMIOも大杉選手の読みと見事な体の使い方、面家選手のタフな守備などでシュートを許さない。ただ、押し込められた分、攻撃機会はやや減り、奪っても八戸の強い球際にもたつかされる場面もあった。それでも、この日は奮迅の働きを見せた斎藤選手の突破からのシュートクロスや、村上選手のドリブルなどで少ないながらも好機を作った。

 後半も同じような展開で入り、八戸が押し気味ながらも一進一退のにらみ合いのような展開となる。そんな後半10分過ぎ、右サイドでボールを受けてPAに侵入、相手をひきはがして前に出たところを引っかけられ、こらえながらも足をもつらせて倒れたと見えた村上選手がなんとダイビングの判定でこの日2枚目のイエローをもらい退場という事態に。一人少なくなり、当然八戸は前への圧力をかけ、ボールをキープするが、MIO守備陣は前半に続き、というか天皇杯マリノス戦を思い起こさせる穴を作らない守備で対抗、サイドから突破を図ってくる相手にも鈴木選手らが粘り強く対応し、決定機をほとんど作らせない。攻撃も、カウンター一本、と選択肢が限られたことで、返って狙いをはっきりさせられ、斎藤選手が何度も相手陣内を駆け上がった。坂本選手に替えて松本選手を投入。カウンターから好機を生みだし、松本選手がシュートを放つが、これはバーの上。しかし10人とは思えない互角の試合展開に持ち込み始める。濱田選手を投入して安楽選手を上げ、更に吉田選手を入れて幾度も相手サイド深くに食い込む場面を作り、得点のにおいが出始める。ロスタイム、相手ボールをはじき、2-2の絶好のカウンターで吉田選手(だったかな?)がドリブルでハーフウエーラインにさしかかり、前にいる松本選手にボールが出ればGKと1-1か、という場面でこれもなんとタイムアップの笛が吹かれ、終了した。

 タイムアップの笛が鳴った時は、カウンターの起点となった場所でファウルでもあって、流さずにそれをとったのかな(だとしても、どうかと思ったが)という認識で、抗議していたのも「なぜ流さないのか」ということなのかな、と思っていたが、選手が並び始めて「えっ、タイムアップ?」と絶句だった。村上選手への判定も、ちょうどみている前だったから、足がかかってバランス崩し、倒れはしなかったけどそのまま再度スプリントに入ったらさすがに足がもつれた、と見えただけに、イエローはないだろう、と思ったが。あれなら前半早々に安楽選手が突破した後に倒されたプレーにもイエローを、と言いたい判定だったが、まあこれもサッカーと割り切るしかないのだろう。

 久々の勝ち点3とはならなかったが、八戸相手に10人でなしうる最上級の試合をしてくれたと思う。特に大杉選手をはじめとする守備陣は本当に良く奮闘したと称えたい。面家選手も中盤でよく食らいついていたし、斎藤選手は相手とぶつかり合いながら何度もペースを引き戻す素晴らしい動きだった。選手たちには前向きにとらえてほしい引き分けだ。

 リーグのホームゲームは下手したら2カ月ぶりの観戦だったが、なんとなく愛着ある場所に帰ってきたような感じで心地よかった。連休中ということもあってか、お客さんは少なめではあったが、催しもあったし、試合後のふれあいサッカーは相変わらずよい光景だった。天皇杯記念Tシャツ購入の選手と2ショット撮影も盛り上がっていたようで、ほぼホーム観戦のみの自分がいうのもなんだが、「ああホームだなあ、ホームっていいなあ」と痛感した。
 
 先日、日本サッカーの大恩人のクラマーさんが亡くなったことで、この日は開始前に黙祷があった。こういう形でクラマー氏に黙祷を捧げることができて良かったし、滋賀の小さなスタジアムでも黙祷を捧げられるクラマー氏の功績を改めて感じることができた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード